観光支援事業「Go Toトラベル」で
10月1日から追加方針の東京発着の旅行商品の販売が
9月18日正午から販売開始の発表がありました。

何度も延長した購入済みの航空券がありますが
約半額の旅行費用の還元は魅力ですね。

連日、マスク着用要否のニュースが続いた中
やっとの東京も対象になる「Go Toトラベル」の
申し込み前に、マスク着用要否について確認してみました。


無題

GoToトラベル 東京発着商品販売開始

決定するまで、購入できないと想像していましたが
意外に、9月18日正午から東京発着の商品販売開始!
地域共通クーポンの対応もあり、旅行事業社さんには
色々な準備を短期間での対応、感謝です。
18日が平日なのが残念ですが、週末の楽しみが増えました。
 ANA公式旅行サイト【ANAトラベラーズ】<国内>GO TO TRAVEL キャンペーン




IATA(国際航空運送協会)全乗客へのマスク着用を呼び掛け

IATA(国際航空運送協会)は
新型コロナウイルス感染防止の観点で
すべての乗客はマスクを着用する必要があると
呼び掛けました。
航空チケット購入時に
運送約款に同意する契約が成立しており
搭乗条件を順守しマスク着用を守らない乗客は
搭乗拒否や罰則を受ける可能性がある。
*英文になりますが、こちらのニュースから引用です。


ANAの対応は?

「IATA(国際航空運送協会)2020年5月5日 Press Release No: 39」の
日本語訳は、こちらのANAのページで確認でき
「旅客のフェイスカバーまたはマスクと
乗務員用マスクの着用を支持
機内での感染のリスクが低いことから
3列席の真ん中(Middle Seat)を空席にすることは
IATAとしては義務付けない」と記載されています。

また、こちらの機内の空気循環については
高性能フィルター(HEPAフィルター)で
空気循環しているとのこと。

処罰云々は法律家ではないので控えますが
他の国内の航空会社は、要請のみしか記載のところ
ANAのページのみマスク着用の理由が記載されていました。
「お客様同士のご不安解消のため」と記載されており
日本人らしい意見になりますが、私は同意です
無題
*「ANA Care Promise」のこちらのページで確認できます。

また、ユナイテッド航空はマスクを義務化しています。
今後、海外に行けるようになったら
航空会社や対象国では、要請でなく義務のところもあるので
注意する必要があります。
*ユナイテッド航空の詳細はこちらのページで確認できいます。

まとめ

炎天下ではマスクを外して熱中症対策
夏のマスクは、息苦しくなり辛かったです。
日本はマスク着用は義務化でなく処罰もありません。
周りの人の目が気になり
マスクをしている方もいると思います。
また、病気や障害などでマスクが
できない方もおられます。
自粛要請でここまで、同調行動の出来る
日本国民性は素晴らしいです。
東京発着のGoToトラベルが始まれば
「Withコロナの旅」が本格化して
新しいルール、マナーが出来ると思います。

もし、他国のように法律で義務化されると
マスクをしている時の息苦しさより
生活で息苦しくなる予感がします。
お互いが楽しい想い出が作れるように
互合理解、協調の和を大切にしていきましょう!
 



にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ