クレジットカード(クレカ)を複数枚持っていますが
旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行時の保険は意識する方が多いですが
保険の内容などを、ご存知でしょうか?

国内旅行や飛行機の遅延は?

旅行傷害保険の観点で
お勧めのクレカは、年会費が安くて
自動付帯で、キャッシュレス診療が受けられる
SFC(スーパーフライヤーズカード)取得前は
ANAマイルが貯め易い

↑プラチナカードであればの意見もありますが
普通の会社員が複数枚持つことを前提です。

保持しているクレジットカードから
旅行傷害保険の「適用条件」「キャッシュレス診療」などと
その他のサービスから、進める理由を解説します。

また、海外旅行は何枚のクレジットカードを持って行きますか?
一度、海外で紛失した経験からの、お話です。


クレジットカード

選択理由その1:適用条件

旅行傷害保険を適用するための条件が異なります。

「自動付帯」と「利用付帯」の2つがあります。

  • 自動付帯とは
カードを持っているだけで適用
  • 利用付帯とは
航空券の代金やツアーの代金などを
出発前にカード決済する必要があります。

※利用付帯なら
特典航空券の利用やSKYコインで購入した場合は適用されません。

※カード会社、カードの種類によって保証額と同じく付帯が違います。
 (例)楽天カードの場合
    ブラック、プレミアム:自動付帯
    その他の楽天カード:利用付帯

選択理由その2:キャッシュレス診療

国内であれば保険診療ですが
海外では高額の医療費用が掛かります。
  • タイの医療費用例

救急車の料金:①公営:無料 ②民営:7,200円~15,000円
初診料:3,000~4,500円
病院部屋代:①個室:33,500円~40,100円 ②ICU:55,400円
虫垂炎手術の治療費:(総費用)480,000円
骨折時の治療費(橈骨末端閉鎖性骨折):30,000円

・事故実例
①ホテルのベッドで休養中、胸の痛みを感じた後に意識不明となる。
 心筋梗塞と診断され13日間入院・手術。医師・看護師が付き添い医療搬送。
 →7,811,040円
②高速船が波でバウンドし、全身を強打。
 腰椎骨折と診断され10日間入院・手術。医師が付き添い医療搬送。
 →3,404,593円
  • キャッシュレス治療サービス(キャッシュレスメディカルサービス)
治療費を立て替えるこなく、治療を受けられるサービスです。

※サポートデスクに連絡して提携した病院での治療になります。


選択理由その3:その他

  • 保険内容
ほとんどの海外旅行傷害保険には
傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、
賠償責任、救護者費用、携行品傷害の補償がありますが
カード会社やカードの種類で異なります。

※死亡補償・後遺障害以外はカード複数枚の補償を合算できます

  • 国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険は多くのカードで付帯していますが
国内対象は少ないです。
  • 航空便遅延保険
飛行機や手荷物の遅延・欠航にともなう補償です。
  • 期間
出発した期間から90日間がほとんどです。

※普通の旅行なら、クレジットカードのみで良いですが
90日以上の滞在なら、別に旅行保険に加入することをお勧めです。


海外旅行に必要枚数

自分の失敗談ですが
一度、クレジットカードを紛失しました。

会社帰りの週末弾丸でしたので、国内で利用している財布に
複数枚あったので、宿泊先での支払いやお土産購入など
困らずに旅はできました

現金はあまり持たずに、カード払いの方が多いと思いますが
1枚なら紛失などの事故にあった時に心配です。

複数枚持っていくのも、また心配ですので
海外旅行時は2枚以上をお勧めします。
2枚持てば、1枚紛失しても、大丈夫ですよね。
→ただ、ひとつのお財布は。。。
私の場合は、普段利用している財布と海外用の財布に
分けています。

お勧めクレジットカード

・楽天プレミアムカード
ポイントは、年会費が11,000円(税込み)です。

傷害死亡・後遺障害が自動付帯で最大4,000万円です。
また、利用付帯で+1,000万円で、最大5,000万円になります。

※国内旅行傷害保険も自動付帯

キャッシュレス診療も受けられ
当ブログで何度も紹介しているプライオリティパスが付帯で
海外旅行では、楽天プレミアムカードがお勧めのカードです。

 

・ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールド)
SFC修行中やANAマイルを貯めたい方には

ゴールドカードの場合
傷害死亡・後遺障害が自動付帯で最大5,000万円です。
また、利用付帯で+5,000万円で、最大1億円になります。

※国内旅行傷害保険も自動付帯

国内・海外ともに海外航空機遅延保険が付帯で
年会費は、15,400円です。

プライオリティパスは付帯しませんがANAカードの特典ありです。
 ANAJCBカード

  • お勧めの2枚のカード
あくまでも、年会費が高額のプラチナカードなどは
保有していなく
私の保有経験から、海外に行くのなら2枚以上持つことから

SFC取得前なら、お勧めのカードは
 楽天プレミアムカード
です。

もし、2枚の内、1枚を選ぶのなら
 楽天ポイントを貯めるのなら楽天プレミアムカード
 ANAマイルを貯めるのならソラチカカード
ですね。
  • SFC解脱後
修行後はSFC取得ですけど
どのブランドにするか悩むところですよね。

一般カードかゴールド以上にするかの分かれ目は
ポイントのANAマイルの交換率と思います。

選択はスーパーフライヤーズ ゴールドカードで
年会費が16,500円で
VISA、JCB、マスターカードのどれかにするのが
多いと思います。
傷害死亡・後遺障害が自動付帯で最大5,000万円ですが
JCBのみ利用付帯で+5,000万円です。
  • SFC修行する・しないで悩んでいる方
海外には年に2~3回で取得すべきか悩んでいる方
プライオリティパス(楽天プレミアムカード)と
SFCを纏めた記事がありますので
参考にしてください。
※JGC修行でお悩みの方も、ANAとJALを置き換えて見てください。



まとめ

色々な特典を利用するために
複数枚のクレジットカードを持っています。

残念なことに、デルタ航空の
「ニッポン500マイルキャンペーン」は終了
しました。
デルタカードをどうすべきかは検討中です。

複数枚持っていると、年会費も積もり積もれば。。。
持っているクレジットカードから
保険の面から考えた旅行派の方への
お勧めのカード2選です。



にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ