SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行でANAの上級会員を継続!
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

更新情報

マレーシア・クアラルンプール国際空港から市街地のKLセントラへの移動方法は?KULタッチで、ANAやJALの修行僧が多く訪れるクアラルンプール国際空港から市街地のKLセントラルへは距離があるので、バスか鉄道の移動になります。費用、利便性などから、鉄道とバスの移動を比較
『クアラルンプール空港からKLセントラへの移動方法は鉄道?バス?---鉄道とバスを比べて見ました---』の画像

2週連続の週末弾丸旅行へ。今回は、有給を1日追加してのクアラルンプール(マレーシア)へ。いつものように会社帰りに羽田空港へ。流石に2週連続で同月なら、江戸舞台は変わらずの向日葵!エコノミーの座席ですが、前方が良いですか?後方が良いですか?ズバリ前方座席が良い
『【国際線】エコノミーの後方座席で気付いたことは?』の画像

タイ(バンコク)に旅に出ました。ご当地の飲み物や食べ物を探して、コンビニを覘きませんか?何回も訪問している内に、お気に入りのお土産ができますが悩みは、お休み等を取得した時のばら撒き用のお土産ですよね。定番のチョコレート?嫌々、OKAタッチ(沖縄旅行)のばら撒
『バンコクでもお土産はコンビニで!10バーツ(日本円35円)から色々選べます!』の画像

スワンナプーム空港に着き、市街地にでる前に腹ごしらえ!タイ(バンコク)に着き急にプーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)が食べたい!衝動が。。。いつもならフードコートですが、フードコートの料理にはない! >>【スワンナプーム空港】 何階で食事します
『バンコク・スワンナプーム空港 朝食はレストランで「プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)」を!』の画像

マレーシア(クアラルンプール)の洞窟内にヒンズー教の聖地があるバトゥ洞窟へ出掛けました。KLセントラル駅からバトゥ洞窟の最寄り駅になるバトゥケイブ駅まで30分との事で電車(KTMコミューター)で行くことにしました。タクシーと違い片道5.2RM(日本円で約150円)で一人
『時刻表に注意!KTM(鉄道)でバトゥ洞窟へ』の画像

5月29日購入(8月19日搭乗)分から予約クラスV/W/S/L/Kを対象に、足元の広い非常口の座席や機内前方通路側・窓側座席の一部の座席について事前座席指定が有料化されました。但し、この制度はダイヤモンドサービスメンバー(DIA)・プラチナサービスメンバー(PLT)は対象外で
『【ANA国際線】事前座席指定の有料化!変更前と変更後を比較しました!』の画像

今回は、那覇市歴史博物館に行き同じゆいレールの県庁前駅から徒歩圏で沖縄の郷土料理が、手軽に食べられる「お食事処みかど」へ。こちらも空港食堂と同じく、手軽なお値段で沖縄の料理が楽しめます。わざわざ、このお店に来た理由は沖縄のB級グルメのちゃんぽんを食べに。。
『沖縄のB級グルメ?沖縄のちゃんぽんを!』の画像

プレミアムエコノミーに空席があれば無料でアップグレードできるSFC特典がありますが何故、プレミアムエコノミー(有償)の搭乗を選んだのか?計画時に、海外発券で修行の聖地クアラルンプール(KUL)とバンコク(BKK)を比較して ・KUL→HNDはビジネス往復12万円 ・BKK→H
『【NH848】BKK(バンコク)→HND(羽田)プレミアムエコノミー搭乗記 ---SFC修行で有償プレエコ座席の理由は?---』の画像

日本語の受付、日本語通訳の方がいるバンコク病院は日本人にとっては、緊急時のために覚えていた方が良いです!とは言え、普通に考えて観光に来る場所ではありませんよね。今回はHoliday Inn Express Bangkok Soi Soonvijai(ホリデイ イン エクスプレス バンコク ソイ スン
『【バンコクのプチ観光】わざわざ行かないバンコクプラザへ ~日本食レストランもありますが、BLACK CANYONで夕食を~』の画像

バンコク2泊なら同じホテルでのんびり過ごすのが普通?今回は、『3ブランドホテルの滞在で19,200ボーナスポイント獲得』できるIHGキャンペーン狙いのこともあり、ホテル修行!Holiday Inn Bangkok Sukhumvitで朝食を終えてプチ観光後に、アーリーチェックインしたところはHol
『【バンコク宿泊記】Holiday Inn Express Bangkok Soi Soonvijai(ホリデイ イン エクスプレス バンコク ソイ スンビジャイ)』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ