SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行でANAの上級会員を継続!
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

更新情報

今回のバンコク行は、成田からエアチャイナ(中国国際航空)で上海経由バンコクへ片道24800円!の格安エコノミークラスの旅です。エコノミークラスの場合は、ほとんどの客は中国人です。「郷に入れば郷に従う」の精神で一部はやはり文化の違う点があり悪い評判をよく聞きます
『【エアチャイナ(エコノミー)搭乗記】片道24800円格安運賃!成田→上海→バンコク』の画像

成田空港ターミナル1にあるKAL(大韓航空)ラウンジへ行きました。大韓航空はスカイチームに属している航空会社ですのでスカイチームのエリートプラス会員、またはスカイチーム加盟の航空会社のファースト、ビジネスクラス搭乗者、プライオリティパス所有者が利用できます。A
『【成田空港ターミナル1】プライオリティパスでKAL(大韓航空)ラウンジへ訪問』の画像

2019年4月にオープンしたショッピング、グルメにアトラクションも楽しめる複合施設のJEWEL(ジュエル)に行って来ました。5階から地下1階に流れ落ちる世界一の室内の滝(40M)は一見の価値があります!時間がなくあまり廻れなかったですが、植物園のような遊歩道もあり食事か
『【シンガポール・チャンギ空港】 複合施設のドーム内に巨大の人工の滝が出現!JEWEL(ジュエル)』の画像

シンガポールの宿泊代は高いですよね。ホリデイ・イン エクスプレスでもシンガポールでの宿泊代は高いです。その中で、最寄り駅から歩けるHoliday Inn Express Singapore Serangoon(ホリデイ・イン エクスプレス シンガポール セラングーン)によく宿泊します。シンガポール
『【シンガポール宿泊記】Holiday Inn Express Singapore Serangoon(ホリデイ・イン エクスプレス シンガポール セラングーン)』の画像

シンガポール観光は宿泊先近辺の名所を中心に訪れる事が多いです。今回の宿は、リトルインディア地区へ徒歩圏でスリ・スリニヴァーサ・ペルマル寺院に行きました。スリ・スリニヴァーサ・ペルマル寺院わざわざ観光に来る人はいない?祈祷の広間もお祈りをする人がまばらに。
『【シンガポール観光】スリ・スリニヴァーサ・ペルマル寺院 ---天井画が美しいヒンドゥー教寺院です---』の画像

シンガポール旅行時、夜のスぺクトラを見たりカジノを楽しむために必ずよるマリーナベイサンズ。マリーナベイサンズはシンガポール観光の定番ですがひとり旅で、このような複合施設の観光時に食事に迷いませんか?あまり存在を知られていませんが、館内にフードコートがあり
『【シンガポール観光】ひとり旅でも大丈夫!マリーナベイサンズのフードコート』の画像

SFCやJGC修行に人気のクアラルンプールですがクアラルンプールから、シンガポールに行くには?JGCの場合は、マレーシア航空がありますがSFCの場合は、シルクエアがあるがPPもマイルも貯まりません。今回もクアラルンプールとシンガポールの移動はエアアジアを利用しました。
『【エアアジア(AirAsia)】KUL~SIN DK707前方有料座席搭乗記』の画像

空の日(そらの日)は9月20日、日本で制定されている記念日!国民の祝日ではありませんが、空の日はマイラーや飛行機マニアにとってイベントなどがあり外せない日です。空の日は?1952年(昭和27年)、国内の民間航空再開40周年の1992年(平成4年)に、皆様に航空に対する理
『空の日(9月20日)は記念グッズが貰えます!NH885搭乗記』の画像

ANA便で成田に帰国した時、バスや電車の予約後に出発までゆっくりと利用できる「ANA ARRIVAL LOUNGE」は便利です。また、国内線出発時にも利用できます。目次ANA ARRIVAL LOUNGEラウンジ内部軽食まとめANA ARRIVAL LOUNGE国際線到着口から国内線出発の方向に歩いた所にラウン
『【成田空港】ANA便で帰国時は、バス待ちで便利!ANA ARRIVAL LOUNGE』の画像

タイ・バンコクの玄関であるスワンナプーム空港。空港内での食事は3階の食堂街ですか?立地のこともありますが、タイの物価で考えると割高と感じませんか?スワンナプーム空港は巨大で、他の階(3階、1階、地下1階)に行けばフードコートからバンコク市街地の価格で食べられ
『【スワンナプーム空港】 何階で食事しますか?各階の特徴を教えます!』の画像

ワット・マンコンの参拝後に、何か美味しい飲み物を探して裏路地に入ると、青い壁に仏像があり(青い壁の仏堂があり)偶然に見つけたワット・カンマー・トゥヤーラーム(Wat Kanmatuyaram)で1864年に建てらたタマユットニカーヤ仏教宗派の寺院。看板はあるが、中には人が居
『【バンコク観光】チャイナタウンにひっそりあるローカル寺院を発見! ワット・カンマー・トゥヤーラーム』の画像

バンコク観光のパンフには必ず紹介されているワット・プラケオへ。別名はエメラルド寺院で、バンコク観光の定番ですが何度、訪れても飽きない不思議な魅力があります!ただ敷地は広く、じっくりと廻って1~2時間は必要です。今回は、アンコールワットのミニ模型を目当てに訪
『【バンコク観光】 アンコールワットのミニ模型がある!ワット・プラケオ(エメラルド寺院)』の画像

夕方、夕飯でもと思い出掛けようとすると外は豪雨!外は真っ白!ホテルに向かう途中にも気になっておりホテルの方からも、飲食店もスーパーもあるとのことでサパータクシン駅の北側にある庶民向けのデパート?ロビンソン デパート バンラックに行きました。ロビンソン デパー
『【バンコク観光】 ロビンソン デパート バンラック ===豪雨の後はスーパーに買出し!お惣菜は日本と同じで割引に===』の画像

BTSサパーンタクシン駅からの徒歩圏で行けるアサンプション大聖堂の隣にありまた、チャオプラヤー川の船(水上バス)で三大寺院などに行くとき気になる白い建物が見えますが、この建物は?それが、今回訪問した旧イースト・アジアティック・カンパニーのビルです。イースト・
『【バンコク観光】19世紀末に建てられた廃墟!旧イースト・アジアティック・カンパニー』の画像

BTSサパーンタクシン駅からの徒歩圏で宿泊先に向かう途中に、写真を見て気になっていたピンク色のタイ・カトリック教総本山のアサンプション大聖堂へ。タイは仏教寺院のイメージですが歴史は古く1822年に建設されて、今の大聖堂は1918年に建設されました。場所場所は、表通り
『【バンコク観光】ピンク色の可愛いタイ・カトリック教の総本山!アサンプション大聖堂』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ