SFC修行の定番は、OKAタッチですよね。

OKAタッチとは?
那覇空港のIATA(国際航空運送協会)の呼称はOKAで、那覇空港を日帰りで往復することです。

羽田から休日(土日)でも、片道1万円以下の便がありPP単価6円台!
SFC修行にとっては魅力ある単価です。

今回、片道1万円以下の航空券でパチパチ検索して
那覇空港約2時間30分の日帰りOKAタッチの航空券を購入して
ダイヤモンドメンバー継続を目指す修行?苦行?
PP単価を効率よく考えた日帰りで決行しました。

日帰りのOKAタッチは
沖縄(那覇空港)の滞在は2時間30分と短いです!

スーパーバリューで沖縄片道1万以下

スーパーバリューで沖縄片道1万以下のSFC修行!
先日、ダイビングをする友人にこの話をすると食いつきは良かったですが
ただ沖縄の滞在時間を考えると1泊でも難しとの返答は普通の方の考えですね。
  • 航空券検索結果
那覇空港約2時間半滞在の日帰りOKAタッチの航空券を購入。
数多く沖縄往復していると数時間でも楽しめるようになる修行慣れの不思議!
無題
プレミアムポイントは片道1476PPでマイルもしっかりと獲得できて
PP単価は6.4円になります。
1476
海外は嫌!国内のみで搭乗回数は増えますが、費用を抑えてSFCを目指す方は、ご参考に

SFC修行記

当日はラウンジを楽しんで、修行の始まり始まり!
※羽田空港はSFC修行中でも、制限エリア内にカードラウンジがあります。
カードラウンジとスィートラウンジについては、こちらの記事を参照ください。


※那覇空港にもカードラウンジがありますが、制限エリア外なので
保安検査の混み具合などもあるので、短期滞在時にはお勧めできません。
DSC_1471
  • 那覇空港2時間30分の滞在
那覇に着いた時は、外は真っ暗です。
展望デッキは19時迄なので、急いで飛行機を眺めに。
展望デッキ入口の横に喫煙スペースがあるので向かいます。
DSC_1475
DSC_1474
展望を楽しんだ後は、食事にお土産購入と大忙しいです!
食事は空港内になりますが、フードコート風の所は
色々な種類があり、サクッと食べられます。
一度に沖縄料理が色々と食べられる「おきなわランチ」を!税込み1274円也。
航空券代をケチっても、ご飯は好きな物を食べる主義です。
DSC_1476
お腹を満たした後は、お土産購入の時間です。
今まで通り、コンビニなどでの沖縄シリーズを物色します。
DSC_1477
また「ANA FESTA」での100円シリーズのお土産コーナーがあります!
もちろんANAカード提示すれば1000円以上で10%引きになるので
ひとりひとりに違うお土産を配って楽しむ等に利用できますね。
DSC_1478
ご飯も食べ、お土産を買い、後はラウンジに行き搭乗まで
まったりと過ごします。
羽田空港同様にダイヤモンドメンバー専用の入口があり
夏休みシーズン等で混んでいる時は、スイスイと。
DSC_1479
夕飯をしつかり食べているのに貧乏性?
お気に入りのスムージに、ついついお菓子を。。。
DSC_1481
DSC_1480
夕飯、お土産購入、ラウンジを楽しんいると
夏のギャラクシーフライトと違い、あっ!と言う間の2時間で帰りの搭乗時間
DSC_1485
  • 羽田空港着
PP単価を低い便にすると那覇からの最終便で
羽田空港に着くのは23時で、羽田着の最終1便前です。
DSC_1486
駐車場に向かう時に出発フロアーを通りますが、もぉ~誰も居ません。
DSC_1487
※羽田空港へは車なので時間は気になりませんが
バスや電車で羽田空港へ移動される方は、遅延発生時の事も考慮して便を検討してください。

まとめ(感想)

ここまでして上級ステータスを維持するのは何でだろう?
海外旅行時にスタータスの恩恵を受けるため?等と理由はありますが
日帰りでもプレミアムポイントを貯める目的で飛行機を乗るのもひとつの趣味ではないでしょうか?
色々と考えると難しいですが、趣味の一環で本人が楽しければ良し!

羽田午前発の便は料金がたくなりPP単価に拘ると、那覇空港の滞在時間は短くなります。
同じように滞在2時間30分で、季節によっては日の入り時間になり、また空港食堂を楽しみ方もあります。

 >>【SFC修行OKAタッチ】安くて旨い空港食堂に潜入!

2時間30分は短いようで長く感じますが、食事してお土産購入で、空港で十分に楽しめます。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村