マレーシア・クアラルンプールは
5つ星のホテルでも宿泊費用が安いです!

IHGのポイントを貯めていますので
クアラルンプールでは、IHGの名前のとおり
InterContinental Kuala Lumpur(インターコンチネンタル クアラ ルンプール)
には、よく利用します。

先日の宿泊費は、朝食、税込みで543RM。日本円で約14150円!
マレーシアは宿泊費用が安く、宿泊先の選択が多くて良いです。

インターコンチネンタルホテルズグループ
(英: InterContinental Hotels Group PLC、LSE: IHG、NYSE: IHG)

IHGのステータスがあるのなら
クアラルンプールでの宿泊は、ここですよね。


DSC_1659

入口

いつも訪問時の楽しみは、季節に合わせて飾り付けが
出迎えてくれます。
下の画像は、お正月に過ごした時の、(日本で言うと)
クリスマスバージョンです。
DSC_1683

部屋

部屋はいつもアップグレードがあり、喫煙の部屋を準備頂いています。
DSC_2774
DSC_1661
東南アジアでは珍しいウォシュレット付きの便器です。
私は気になりませんが、友人の一人で
国内では当たり前ですが、ウォシュレットが付いていないので
東南アジアが嫌いと言う友人も安心かなぁ。
DSC_2059
アメニティも。。。こちらも国内では当たり前?
髭剃りは鞄に数本を入れていますが、こちらも準備の必要なし!
DSC_2060
また、IHGのスパイアエリートのことで
部屋にお土産がレゼントがメッセージカードと一緒に。
DSC_2058
DSC_2776

朝食

せっかくのインターコンチネンタルの宿泊ですので
必ず朝食を付けます。
オムレツは美味しく、色々と物色するとテーブルの上は
いつも一杯になってしまいます。。。
DSC_1689
DSC_2820
DSC_2076

場所(アクセス)

最寄り駅は、MRTのアンパンパーク駅から徒歩2分ですが
KLCC駅からでも徒歩15分で
炎天下は少し辛いですがペトロナスツインタワーに徒歩で行けます。
DSC_1657

まとめ(感想)

東南アジアでのホテルでプールがあれば、泳いで体を冷やすのが1番!
ただ思う事に、欧米人は日光浴、泳いでいるのは東洋人と思うのは私だけ?
DSC_2778
南国で冷房の効いたホテルでのんびるする贅沢を
ホテル滞在時は、食事での外出つ屋外は少しプールを楽しむ程度で
部屋でエクスプレッソ等を飲みながらゴロゴロしています。
DSC_1686
クアラルンプールは宿泊代が安いため、選択が多いですが
贅沢に過ごすのには、お勧めのひとつです。
無題




スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村