クアラルンプールからの帰路は11月の復路分
先ずは
 クアラルンプール 0時30分発
 北京       6時35分着
のCA872で北京に向かいます。

カウンター

クアラルンプール・北京便は1月2日から毎日運航になりましたが
なんせ1日1便のため、KIOSK(自動チェックイン機)は利用できず
搭乗カウンターの受付は9時15分からオープンになりました。
たぶん英語の苦手が多いお国柄の中国?
エコノミーの受付は日本と同様で中国語での対応は大変そうです。
DSC_1729
ビジネスクラスクラスなので、航空券の発券もスムーズで
クアラルンプールの出国審査は、ビジネスクラスなのでVIPレーンが利用できます。
出国審査時はトランジット時分も含め
クアラルンプールでの入出国スタンプが多いため?
しばらく間があり、「観光?」と質問があり元気よく「Yes」と答えて通過。

ラウンジ

空港ラウンジは、ANAと同じゴールデンラウンジの利用になります。
1日中、クアラルンプールを歩いたので、先ずはシャワー!
シャワーはトイレと同じスペースで、トイレの入口の受付があり
搭乗券を預けたらタオルと番号札をもらい利用できます。
DSC_1731
あれ?シャワー室に番号がない!空いている所を使えとのことで
シャワーで汗が流せてスッキリ!
DSC_1732
シャワーも浴びて、後は飛行機で寝るだけですが
ラクサとカレー少々を。。。
DSC_1733

搭乗記

クアラルンプール空港は搭乗口で保安検査があり
ベンチのあるスペースに移動して搭乗を待つ仕組みです。
ベンチのあるスペースにロープでの区分があり
優先搭乗組は、しっかりと座れるスペースが確保されていました。
これは、ANAにはない仕組みですね。
お隣さんが来るとトイレに行きずらいフルフラットシートのため心配。。。
日本は繁忙期だけど中国では、ただの平日?
お隣さんは来なくて、お隣がいないとシートピッチが広いため
開放感がはんぱでなく、ウエルカムドリンクを飲みながら朝食メニュー選び。
DSC_1736
朝食の時間は寝る前も選べますが、朝にして
水平飛行後、温かいジャスミン茶とペットボトルの水におつまみとシンプルで。
DSC_1743
では、寝床の用意!よこのボタンをフルフラットにするだけですね。
・枕(頭)側
DSC_1744
・足側
DSC_1745
爆睡もつかの間。。。急に咳が出てゴホゴホとすると
何も言っていないのに、CAさんのさりげない気遣い?
温かいレモネードを持ってきてくれました。
これを飲んで落ち着き、朝までぐっすりと眠れました。
さて、朝食の時間に起こされ、御粥が運ばれてきました。
揚げ物は余分かなぁ?とは思い、付き合せの漬物は
想像した以上に辛くはなく御粥にぴったりで、美味しくて完食!
DSC_1742
朝食後、ウトウトしていると
晴れているのか曇っているのかよくわからに空の北京空港に到着。
DSC_1747
最後にアメニティはロクシタンのポーチに入っていました。
ANAの東南アジア線は巾着袋なので、貧乏性?
ちゃんとポーチに入っている方がビジネスクラスに乗った気がしますね。
トイレで身支度を整える時、注意してください。
DSC_1738
DSC_1751

感想

今回、エアチャイナに搭乗してCAさんの気遣いに
まったく日本語は無縁と思っていましたが
降機時の挨拶で日本語で「ありがとう」とあり
このような些細な事ですが、エアチャイナが好きになり
また利用したくなりますよね。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ