ガイドブックでは、ほとんど紹介されていない
シンガポール最高峰に。。。
昭和の映画の
名作『スタンド・バイ・ミー』の世界のような
マレー鉄道廃線跡の写真を見て
今回、観光することに決めました。

Beauty World(ビューティーワールド)散策

最寄り駅はDowntown Line(ダウンタウン線)の
Beauty World(ビューティーワールド)駅になります。
DSC_2238
駅に着いた時は、ちょうど雨(スコール的な)が降っており
バス停に灰皿があり一服して、駅の地図を確認していたら雨も上がり出発です。
DSC_2240
雨上がりのこともありシンガポール最高峰ブキティマの登頂は断念!
最高峰と言え、高層ビルより低い167メートルなので次回に。。。
でも、軽くブキティマ自然保護区のハイキング気分を。
SIN
  • ①Beauty World(ビューティーワールド)駅
中心地のDhoby Ghaut(ドービー・ゴート)あたりから
約30分ほどで、最寄り駅に行けます。
  • ②マレー鉄道廃線跡
ブキティマ自然保護区に向かう途中で廃線跡をくぐる脇に
登る道があります。
DSC_2256
登ると。。。目的の廃線跡!
レールは一部のみですが
『スタンド・バイ・ミー』の世界!来た甲斐がありました。
DSC_2255
  • ③ブキティマ自然保護区/ビジターセンター
最高峰へのハイキングでなくビジターセンターには
駐車場から少し自然が感じられるハイキング路から向かいます。
雨上がりの緑の香りを楽しみながら。。。
DSC_2246
DSC_2249
ビジターセンターに到着!
DSC_2252
館内は無料で。。。「マレーの虎」でも有名?
虎のはく製があり、シンガポールにも自然が!
DSC_2251
色々な所に案内板があるので迷う事はないと思います。
ただ途中、人とあったのは3人のみです。
直ぐ待ちですけど。。。女性1人での観光は気を付けてくださいね。
DSC_2247
  • Beauty World Centre(ビューティーワールドセンター)
ビルには中国語表記?「美世界中心」と!
DSC_2241
屋上にはフードコートがあり、お腹を満たすことができます。
DSC_2262
ただ。。。観光地ではない!完全に日本人はアウエーで
変なことに日本人がいるどぉ~的?
逆に、本当のローカルフードが食べられるチャンス!
と前向きですが、ウロウロして人の良さそうなぁおばさんと
目があったので、このお店でご飯を注文。
DSC_2261
屋上からみた街並みも、東南アジアの街を感じられますね。
DSC_2260
また、近道としてビューティーワールドセンターから
道を渡す歩道橋を利用で、少し近道です。
DSC_2258

まとめ

ガイドブックで紹介されることが少ない所を訪問して
いつもと違うシンガポール観光が出来て良かったです。

このようなに、ANAやJALの修行僧で何度も訪れている内に
定番の観光地でなく隠れた観光名所に行っている所を集めれば。。。
良い観光ガイドができると思うのは私だけ?
(機会があれば情報を集めてガイドブックを作ってみたいですね)



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ