シンガポールの復路は
 シンガポール→北京(CA970)
 北京→羽田(CA167)
のエアチャイナ(中国国際航空)でビジネスクラスです。

シンガポール→北京(CA970)

ラウンジでシャワーと浴びて食事も済ませ
北京行きCA970便の搭乗口へ。
DSC_2304
今回の機材はB787で、エアチャイナのビジネスクラスの
新しいシートに初めて乗るので楽しみ!
DSC_2306
シートはお洒落な斜め向けで足元が細くなる感じの座席配置です。

CA
今回も懲りずに窓側でしたが。。。
シンガポール線のみ、いつもお隣さんが来ます。
お隣さんが来ると。。。
今までのシートと比べると圧迫感が半端ではなく
足元が狭くなっているので
お隣さんが寝ると跨いでトイレに行けない!
DSC_2311
DSC_2309
さて、楽しみにしていた機内食(朝食)の御粥ですが。。。
CA970は、食事のタイミングは選択できず出発後との事。
残念ながら、そうとは知らずにラウンジでお腹一杯食べているため
食事をお断り。
フルフラットにして寝て見ると、足を延ばすことはできるが
狭い分、寝ずらなぁ~と思いながら、お腹一杯のこともあり
ぐっすりと。。。
食事の変わりに、到着前に温かいお茶をいただき
北京に到着!
DSC_2310
早朝に沖止め!これ真冬なら寒いだろなぁ~。
DSC_2312
搭乗する時のバスはビジネス専用のバスがありますが
到着時は、皆さんと同じバスになります。

北京空港

何回も北京空港でトランジットを経験しているので
迷いなく、入国審査へ。
トランジット用も外国人用は、めずらしくガラガラで
入国カードを記載して、並ぶことなく中国に入国!
DSC_2313
シンガポールから北京空港に5時30分着。
運が良いのか?過去3回の搭乗で遅延なし!
遅延に備えて、北京発は12時50分の長時間を。。。
北京空港の制限エリアは禁煙なので
お約束?一旦、中国に入国して喫煙所へ。
DSC_2314
市街に出て観光することもなく早々と出国手続きを行い
ラウンジ巡りをするこなく
いつもの「エアチャイナ ファーストクラス ラウンジ」へ。
実際はビジネスクラスでも入れて
料理類も同じようですが、名前のお陰?
こちらのラウンジの方が空いています。
DSC_2320
まだ朝食を食べていないので。。。がっりといただきます。
DSC_2321
その後は、空港のWi-Fiは。。。
国内のように普通にTwitterたGoogleが利用できる
国際ローミングでPCをパイパチと。
ただ。。。トランジット6時間は長い!ソファーで仮眠。
起きるとランチのヌードルバーが開いていたので
搭乗前の一杯!
DSC_2322

北京→羽田(CA167)

時間になり搭乗口に向かっているとジャンボ(B747)!
久々に見るジャンボジェット機は子供の頃から
この勇士を見るとワクワクしちゃいます。
DSC_2324
羽田へのCA167へ。(今回は沖止めではない)
DSC_2325
CAさんの挨拶はそこそこ?
エアチャイナ名物のスリッパを袋からだして、足元に置いてくれ
ウエルカムドリンクを。
DSC_2326
DSC_2328
北京~シンガポール便(往復とも)お隣さんが居ましたが
それ以外はお隣さんが居ない。居ないと開放感は半端ではない!
DSC_2327
さて、楽しみ?の機内食!
ANA等に比べると味は落ちますが。。。
これぞエアチャイナクオリティ!?
前回も同様、和食の前菜でパンを食べるのでなく
ご飯が欲しい!
DSC_2331
メインはチキンですが、どんぶり風でなく
ご飯とおかずは別々で、不味くはないですが美味しくなく微妙?
DSC_2332
締めはもちろん、デザートです。
DSC_2333

まとめ

中国も富裕層が増え
または、日本発着は修行僧目当て?
年々、ビジネスクラスの料金が上がっていますが。。。
ANAのプレエコと同料金位の時もありますが
プレエコがNクラスならマイル清算率が70%なので
単純のPP(プレミアムポイント)狙いなら
シートに食事の違いもあり、マイル清算率100%の
エアチャイナのビジネスクラスの方がSFC修行に向いています。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村