国内路線でもファーストクラスに搭乗できることを、ご存知ですか?

JALは国内線でもファーストクラスはありますが
ANAの国内線にはありません。

ANAの場合は
替わりにプレミアムクラスがありますが、真のファーストクラスのシートではありません。
ファーストクラスのある国際線機材で運航している便のプレミアムクラスなら
ファーストクラスのシートに座って旅ができます。

今回の旅は国際線機材で運行さえている伊丹(大阪)から成田行(NH2176)で
ファーストクラスに乗る事!
1時間の飛行ですが、ファーストクラスの旅が出来て満足です。

国際線機材の確認方法

成田~伊丹、羽田~関西便の一部で国際線機材が利用されています。
ただ、ファーストクラスのある機材は、国際線機材でも一部になり
気軽に乗れるのは、成田~伊丹便になります。

運航について
TwitterでのANA国際線機材の情報などで確認できます。

伊丹空港スィートラウンジ

本来のファーストクラス搭乗ならANAスィートラウンジの利用になりますが
あくまでも国内線ですので、プレミアムクラス利用はANAラウンジの利用です。

ダイヤモンドサービスメンバーなのでANAスィートラウンジを利用します。

久々の伊丹空港に着くと、リニューアルして
まったく新しい空港に生まれ変わったと思うぐらい改装中ですよね。
DSC_2346
仕事でなくプライベートでの搭乗はワクワク!
休日なので、大阪・東京便名物のDIA、PLT、SFCの大名行列はないと思っていましたが。。。
残念ながら、プラチナレーンに行くとDIAもPLTも同じプラチナレーンの利用となっており
朝一なのに少々混んでいました。
DSC_2377
保安検査を終えると、ラウンジの案内にそってエレベータで上へ。
DSC_2378
DIAは左、PLTは右と受付で分かれます。
左はANAメインの搭乗口なのでANAの飛行機がより見えるようにの配慮かなぁ。
始めの感想は、明るくなって開放感があります。
DSC_2379
今回は、奮発してのプレミアムクラスなので朝食は軽く。
DSC_2380
滑走路を眺められる開放感は半端なく良い感じです。
DSC_2381
まだ、朝が早いので人が少なく
ちょうど目の前に黄色い機体が見えたので写真をパチリと。
DSC_2382

搭乗記

羽田と違い、成田は遠く交通費も掛かりますが
一度は乗りたいファーストクラスが1時間のみですが、プレミアムクラス料金で乗れるのです!
ただ、機材はANAさんの都合で変わる事もあるので変更になったら羽田便に変更できるように
株主優待割引きを利用。
席は富士山が望めるA席を確保。
ANA
あれぇ~1Aが空いていますよ?
ファーストやビジネスでは席の構造上変わりはありません!
CAさんとの会話が楽しみたければ?
嫌々、1列目の難点は?私は、食事の準備やトイレ等でのガチャガチャ感が好きではありません。
本来の国際線ファーストクラスでは違うと思いますが。。。
さて、NH2176は伊丹7時50分発なので朝が早く、少しスィートラウンジでのんびりして搭乗口へ。
搭乗口へ行くとB777がお待ちかねです。
ガラス越しの撮影。。。家で確認してみると撮影に失敗!残念。
DSC_2384
グループ1で乗り込むと日頃乗る東南アジア路線の国際線機材と違い、ファーストクラスのシートがあります!
ゆっくりと撮影と思っていたのですが、後続のグループ2の方が来られたので、頭だけをパチリと。
DSC_2397
座ってみるとモニターど~ん!足元ひろぉ~!
やっぱりビジネスクラスとは違います!
DSC_2386
DSC_2387
ファーストクラスの難点を発見!座ってゆっくりと外が眺めらません!
乗り出さないと窓の外が望めない。。。
DSC_2388
飛行時間は1時間しかありません!
さっそくと、お食事の時間です。
お昼や夕食と違い、軽食ですけど
モニターの下からテーブルが出てきて、テーブルも広い!
DSC_2392
食後にコーヒーをいただきながらファーストクラスシートのガイドを見てお勉強?
DSC_2393
電源ありシートも液晶ボタンでの操作。
フルフラットにする勇気?はなく、軽く倒す程度でボタンを。
DSC_2389
通路側を覗くと、こんな感じで個室感ありです。
DSC_2391
さて、楽しみにしていた富士山が見えてきました。
乗り出して眺めるも。。。いつもより窓が遠いので小さいですが
ファーストクラスから眺める富士山は美しく見える不思議!
DSC_2395
初めてのファーストクラスのシートを楽しんでいたら、あっと言う間の1時間で成田着。
DSC_2398
流石に成田。。。ほとんどの方が国際線乗換で出口に向かったのは私も含め数人でした。

まとめ

いつかは国際線でのファーストクラスに乗れることを見てお仕事に頑張ります!?
実際は、もし東南アジア線、シンガポールで復活しても、寝るだけの深夜便ならスタッガードで十分かもです。

Twitterで国際線機材の運航便が確認できます。
ファーストクラスのある機材なら、時間が短いですけどプレミアムクラスの料金で、雰囲気が味わえます。



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ