バンコク観光のパンフには必ず紹介されているワット・プラケオへ。
DSC_3584
別名はエメラルド寺院で、バンコク観光の定番ですが
何度、訪れても飽きない不思議な魅力があります!
ただ敷地は広く、じっくりと廻って1~2時間は必要です

今回は、アンコールワットのミニ模型を目当てに訪問。

本堂

じっくりと廻る寺院ではあり
まずは、中心に位置する場所の本堂
DSC_3304
ラタナーコーシン(エメラルド仏)が収められています。
何度見えても飽きない美しいですが。。。館内は撮影禁止です。
ただ表(外)から撮影は可能ですが
皆さんの撮影名所?タイミングが中々、合いませんねん。
DSC_3306

境内散策

本堂の周りは、境内を見守るヤック
DSC_3301
プラ・スワンナ・チェーディー等々と見応えありです。
DSC_3296
建物も黄金に輝くプラシーラタナーチューディーを始め。。。
DSC_3292
DSC_3303

アンコールワット

さて、今回の目的はアンコールワットの模型を。。。
実を言うと。。。見た覚えがなく、せひ、今回はと。
確かに気付きにくい、地味な感じでありました!
DSC_3300
DSC_3299

まとめ(感想)

バンコク観光の定番!必ず観光すべき場所と思います。
ただ、バンコク三大寺院の中では、敷地も広く見る所が多いので
炎天下ですので、一気に三大寺院を廻る時は
体力勝負の事も考えれば、一番最初にするべきか?
それとも最後のお楽しみとして最後にするか?悩ましいですが
初めて行かれる場合は、十分に時間を取ってくださいね。
※タイ好きになり、何回も訪れるようになれば良いですけど
あまり行かれない場合は、じっくりと廻らなければ。。。



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ