今回のバンコク行は、成田からエアチャイナ(中国国際航空)
上海経由バンコクへ片道24800円!の格安エコノミークラスの旅です。

エコノミークラスの場合は、ほとんどの客は中国人です。
「郷に入れば郷に従う」の精神で
一部はやはり文化の違う点があり悪い評判をよく聞きますが
LCC並みの料金と割り切ればエアチャイナは悪くありません


成田空港

撮影時は、まばらの人でしたが。。。
3時間前になると、搭乗する上海行きと、北京行きが重なり
エコノミーの列は半端ない行列!
ここは、SFCの待遇を使い、ビジネスクラスの窓口でチェックインを。
※SFCの特典がないと辛い結果だったと思います。
DSC_3596
この後は、もちろん!エアチャイナのエコノミークラスでも
「ダイヤモンドサービスメンバー」なら
ANA SUITE CHECK-IN(通称Zカウンター)から
保安検査場への優先レーンが利用できます。
羽田と違い、ここから直接、専用の保安検査場へ行けるのは
これこそ上級会員の「おもてなし」と感じられます。
DSC_3594
今回は、途中に「KAL(大韓航空)ラウンジ」に寄って
いつもの「ANA SUITE LOUNGE(スィートラウンジ)」へ。
DSC_3611
KALラウンジに寄ったこともあり
凄く、広く空いている快適なラウンジ!
土曜日の昼間ですが、これまた羽田と違い
ざわざわ感なしで、まじかに飛行機が眺められる窓側のソファーへ。
DSC_3609
DSC_3607
ドリンクを頼み、先ずが喫煙所ですが。。。
ここからも飛行機が眺められる、お気に入りの喫煙所です。
DSC_3603
エアチャイナは
今までビジネスクラスを利用したことはありますが
エコノミークラスは初めて
ただ、評判が良くないこともあり、食事はしっかりと。
DSC_3604
DSC_3605
「ダイヤモンドサービスメンバー(DIA)」なら
スターアライアンス便なら、SUITE CHECK-INの経路を使い
出国できて、羽田と違い、まったりできるラウンジですので
一度は成田空港発で海外へ行くことをお勧めです。

成田→上海(CA930)

カウンターでの、チェックインの職員はANAの職員さんです。
それが良かったのか?
搭乗券の発券時に
「前方席が解放されたので変更しました」との事で
エアチャイナのエコノミーの場合も
座席の場所で、有償になる席があります

初めてのエアチャイナのエコノミーなのに
いきなり最前列の待遇です。
DSC_3601
搭乗口前は、通路まではみ出す長蛇の列が出来ています。
エアチャイナはスターフライヤーメンバーなので
列に並ぶことなく、SFCの特典で、優先搭乗です。
DSC_3612
他に、優先搭乗の方は、ビジネスクラス利用者のみ?
利用する方は少なくブリッジでの飛行機の撮影も
ゆっくり出来ました。
DSC_3615
座席に到着すると。。。
想像していた以上に、少しシートはくたばっていますが
普通に綺麗な座席が待っていました!
DSC_3618
暫くするとバタバタと人が流れ込んで来ましたが
最前列のこともあり。。。普通にANA便と変わらないのでは?
DSC_3616
さて、機内食ですが。。。
CAさんの態度も普通で、笑顔でメニューの種類の説明に
最前列のこともあり、テーブルも出してくれます。

エアチャイナのCAさんは態度が悪い?
期待外れにテーブルを出してくれる普通のサービスでも
先入観があり、些細なことで感動です

メニューで、チキンライスと言われた物を、お願いしました。
これも、またまた期待外れの普通に食べられます
ただ、この味は、何処かで食べた覚えが?
そうです!エアチャイナのビジネスクラス(成田発)での
食事と同じ味で、お皿が容器に変わっただけですね。
それに、トレーを片付ける時に
笑顔でお茶をすすめられて、またまた期待外れの驚きです!
DSC_3619
ANAと比較して
サービスが悪い先入観で
エアチャイナのエコノミーに搭乗したのが良かったのか
・普通に優先搭乗(SFC特典)
・快適な座席
・ANAと変わらないCAさんのサービス(たまたま?)
・普通に食べられる機内食
と、期待外ればっかりだなぁと思い
夕日を眺めながらウトウトしていると、上海に到着。
DSC_3620
エアチャイナ名物?沖止めでした。
DSC_3621
これなら、エアチャイナのエコノミークラスでも
ぜんぜんOKです。
LCC並みの価格で、サービスが悪い!機内食が不味い!ことはなく
エアチャイナの旅はありです。

上海空港

成田空港で発券時、「上海→バンコク」分は発券できないことで
一旦、中国に入国。

北京空港の建物内は禁煙ですが、上海浦東国際空港は制限エリアに喫煙所があります。
DSC_3634
成田空港では、上海からバンコク分の航空券は発券できないことなので
上海でバンコク行の発券も終わり、搭乗まではラウンジで、まったりです。


上海→バンコク(CA805)

バンコク行の発券ですが、カウンターはエアチャイナばっかりで
どのカウンターへ行けば?
そんな時に便利!KIOSKがずら~と並んでいて無事に発券できました。
CA805搭乗時と同じくSFCで、優先搭乗すると。。。
お前はビジネスだからこちらのバスに乗れと
エアチャイナで沖止めの飛行機に向かうのは
VIP専用バスになりますが、ビジネス全員が揃うまでは出発しません
DSC_3659
さてVIP気分で機内へ。
ついにエアチャイナの洗礼!?
座席指定無料の席は、ガラガラ?ゆっくりと出来るはず。
先ずは、私の席に誰かが座っている!
中国発のエコノミーですので、英語は通じません!
何とか移動してもらい。。。
また適当に座る?実際は空席に見えていたところは
団体さんに割り振られていて
出発迄は、自由席のように椅子取りゲーム
後から搭乗してきた白人の老夫婦も
席が取られていたようで、驚いているようでした。
DSC_3632
エアチャイナのエコノミー搭乗時
VIP用のバスでなく、1番発のエコノミー用バスに乗り
自分の席に、座るのが良いかもです。
席にはモニターはありません。
DSC_3662
寝るだけですので。。。
足元は普通で、窮屈な感じはしませんでした。
DSC_3660
水平飛行になると、夜食が配られます。
チキンフィレサンドと飲み物ですが
普通に食べられます。ただ、冷えたらどうかなぁ?
DSC_3665
さて、食事の後に、洗礼の第2弾!
席の前後や通路を挟んで、大きな声での会話と
寝不足を覚悟しましたが。。。
面白い事に、照明が暗くなると、急に静かになり
普通に寝ることができました。
お国柄?郷に入れば郷に従うべきなので
仕方ない事ですが、復路は来年になりますが
座席指定の有料の席にすべきか悩むところです。

スワンナプーム空港には1時30分着!
エアチャイナCA805便は定刻の深夜1時30分に到着。
DSC_3670
さて、朝まで、どのようにして過ごすか?
先ずは、煙草を吸うために、ライターを求めてコンビニへ。
しっかりとコンビニは開いていました!
DSC_3668
いつもは賑わっている食堂街は。。。
一部の店は開いていますが、人はまばらで静かです。
DSC_3669
ベンチには、同じく夜明かし組が多いようで
ゴロゴロと人が寝ています。
私も仲間入り?空いているベンチで
パスポートと財布はパンツのファスナー付きポケットに入れて
横にウトウトと。。。
真夜中にお腹が減っても大丈夫!
Blogで何回も紹介している1Fのフードコートは24時間営業です。
DSC_3672
お店の方も休憩中?店員さんもウトウト?
夜明けのカレーをいただきました。
DSC_3671
スワンナプーム空港は24時間稼働で、同じく到着後に
空港で夜明かしする人が多いですが。。。
熟睡した時はリスクが高いですよね。
自己責任のもと、パスポートや金銭、荷物には
十分に気を付けましょう!

まとめ(エアチャイナは悪くない)

気になるANAマイルとプレミアムポイント(PP)は
当然ボーナスマイルは付かなく
2027マイルに2027PPで
PP単価は約12円です。
CA
中国国際航空(エアチャイナ)は
中国のフラッグ・キャリアで
年々サービスは向上していると感じますが。。。
SFCに向いているのか?
机上で色々とPP単価が安い情報を探すのも。。。
やっぱり乗ってみないと分からない!
値段を考えると
ANAやJALの半額、いやいやLCC並みの料金で
ANAやJAL並みのサービスをもとめるのは本末転倒!?
今回、搭乗してCAさんは笑顔での接客だし
機内食も美味しくないけど、食べられないほど
不味くもなく
機内食に飲み物が付いてFSCとしは
この値段ならエアチャイナのエコノミー利用はありと思います!
ただ、ボーナスマイルが貯まりませんので
PP単価は良いとしても
あまり意識されることのないマイルの単価は良くありません

修行の場合はコツコツと何回も乗る必要はあるので
一気にビジネスでPPを稼ぐのはありですが
エコノミーの場合は。。。
ただ、一気ではなく、数多く旅行しての修行や
単純に旅好きにとっては
空港の出国手続きが終えれば、そこからは外の国。
少し目的地に着くのは時間が掛るが
LCCでなく、ある程度のサービスを受けられて安く済ませるのなら
エアチャイナは全然ありと思います。

 >>【SFC修行指南】中国国際航空(AirChina)は実際はどうなの?



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村