カオサン通りから徒歩圏ですが、あまり知られていない
1826年、タマユットニカーイ派の総本山として建立された
ワット・ボウォーンニウェート (Wat Bowonniwet)」へ。

MRTが延びて、今までは少し遠いカオサン通りは敬遠していましたが
カオサン通りもMRTで巡る観光名所のひとつへ。

場所

ワット・ボウォーンニウェートはカオサン通りから
徒歩5分程度の所にあります。

ワット・ボウォーンニウェート

行ってみると、あまり知られていない所と思っていましたが
本堂の前は人混みではありませんか!
それもタイ人ではなく観光客です。
DSC_0065
列に並び本堂の前で靴を脱いで。。。
DSC_0063
ついに、ご対面です。
DSC_0069
近づくと。。。2体重なった仏像は美しく迫力は満点です。
知る人ぞ知る仏像だと納得!
DSC_0071
ただ、ワット・ボウォーンニウェートの魅力はこれだけではありません!
裏に廻ると。。。急に人がいなく、静かです。
DSC_0074
そこには、天界が描かれた壁画の中の仏像も見応えありです。
こちらは人がいなく、ゆっくりと壁画が楽しめます。
DSC_0075
また、周りには色々な石仏も。。。面白い石仏も。
DSC_0072

まとめ

バンコクに行くたびに、行ったことのない寺院を探して観光しますが
まだまだ、魅力ある寺院は数知れずです。
カオサン通りの観光に、セットで訪れても良い寺院です。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村