世界の空港ラウンジで利用できるプライオリティパスが付帯の楽天プレミアムカード。

プライオリティパスがあれば
140以上の国や地域、500以上の都市で1,200ヵ所以上の空港ラウンジが利用できます。

新型コロナウイルスの影響でSFC、JGC修行を自粛されている方も多いと思います。
海外旅行へ出掛けられる日は何時ごろから?等々と思えば。。。
修行の目的で、よく聞くのがラウンジを使いたいとの事です。
来年は、今年の解脱(資格獲得)の方に加え
ラウンジが今まで以上に混むのが予想されます。

SFCは年々増加するので、利用者が減らない限り自然に混んでいくのは当たり前ですよね。

特にラウンジ利用が目的なら、プライオリティパスも検討してみては?
2021年4月から羽田、成田のANAラウンジが利用可能になりました!


無題

プライオリティパスとは

世界143の国と地域の空港にある1200カ所以上のラウンジを
航空会社や搭乗クラスに関係なく、利用できるサービスです。

利用できるラウンジは、カードラウンジでなく
制限エリア内にある航空会社のラウンジなどが利用できるのが特徴。


2021年4月から羽田(国際線)、成田(国際線)のANAラウンジが利用できるようになりました。

>ANAラウンジが利用できるプライオリティパスは持つべき?SFCにとっては改悪?

羽田はANAラウンジのみ
成田ならKALラウンジ等が利用でき、少し日本国内での利用は限られますが
ただ、タイのスワンナプーム空港やマレーシアのクアラルンプール空港では
利用できるラウンジは航空会社のラウンジなので
SFC取得で利用できるラウンジと変わりません。
もちろん、LCCでも利用可能で
シンガポールのチャンギ空港(LCC専用の第4ターミナル)は
立派なラウンジが利用できます。
このプライオリティパスは、年会費が必要ですが
クレジットカードに付帯して無料で利用できるカードがあります。
そのカードのうち、お勧めは年会費が安いのが楽天プレミアムカードです。




SFCと楽天プレミアムカードの比較

SFC修行後、「ANAスーパーフライヤーズゴールドカード (VISA)」を利用しています。

SFCと楽天プレミアムカードを比較してみました。

年会費

  • SFC(VISAの場合)
・スーパーフライヤーズカード :11275円(税込)
・スーパーフライヤーズゴールドカード:16500円(税込)
  • 楽天プレミアムカード:11000円(税込)
SFCには取得するための費用が掛かり、年会費も高く
単純に年数回の海外旅行なら
楽天プレミアムカードの方が費用対効果が高いです

次に、私見も含めてのラウンジ利用の比較です。

ラウンジ

楽天プレミアムカードは、空港のカードラウンジが利用できます。
  • 国内線
SFCは制限エリア内のANAラウンジが利用できますが
スィートラウンジと違い飲み物のみです。

羽田なら、制限エリア内にカードラウンジのパワーラウンジがありますが
アルコールは有料になります。
羽田の例では、制限エリア内のカードラウンジのスカイラウンジが利用できますが
おつまみ、アルコール、軽食は有料
になり
ANAラウンジなら上記は無料とお得。
  • ラウンジ(同行者)
プライオリティパスやカードラウンジは本人のみで
同行者は有料になり、SFCは同行者1名迄の利用が可能です。

羽田や成田にはANAラウンジが2か所あり、少しの差はありますが
ほぼ2か所は同じと思いますが。。。短時間の間に両方のラウンジを巡る凄い人も(笑)

正直、1回の利用料を1000~3000円で考えると。。。
年数回の利用なら、SFCの取得費用が勿体無いのでは?

エコノミークラスでのラウンジの利用のみなら
プライオリティパスのみでも充分と思いますが
SFCには、他に特典がありますよね。
特典の詳細はANAのページを参照してください。

スワンナプーム空港のラウンジを纏めましたので
実例で確認した方は、こちらも参考にしてください。


その他

SFC取得の翌年は、ANAの「プラチナスサービス」メンバーになりますが
年々、プラチナスサービス(PLT)とSFCの特典の差が大きくなりつつあります。
取得して、それ以降は本当に年数回の旅行する場合ですが。。。

SFC取得の利点で、ラウンジ利用以外で優先搭乗、手荷物優先受け取りですよね。
確かに、自分の頭の上に荷物を置きたいので
エコノミークラスの時は優先搭乗を利用します。

ただ、手荷物も真っ先に出てきたら気持ちが良いですが。。。
こちらは、そこまで数分を争う旅行はないのかなぁ?
また、繫忙期等にありがたい優先レーンの利用ですよね。

単純に考えると
SFC取得では、シート以外はビジネスクラス並みの優遇が受けられます
ただ。。。取得後の翌年から年数回の旅行で
SFCの特典を利用するためにスターフライヤー縛りになり
取得費用や年会費が掛かりますので、当面はがんがん旅行に行けるまでになるまで
時間は十分にあるので、本当にSFCが必要かを検討してみるのも良い時期かもです。

>【SFC修行指南】SFC取得は必要?修行するならOKAタッチがお勧め!

出張での利用は除き、月1回は旅行する等、旅好きにとっての利点は
マイルの清算率が変わる事です。

ただ、マイル清算率は、SFCとPLTでの差は大きいです。
旅行や飛行機好きで、SFCを取得した方は、継続してPLTを維持がおすすめです。
SFCだけなら、フライトボーナスが一般カード:35%、ゴールドカード:40%で
「ブロンズサービス」メンバーより低いです。
無題
継続は力なり?エコノミークラスで数多くの旅をするのなら
PLT以上のステイタスで100%のフライトボーナスは魅力的です。
継続して、スターフライヤー縛りで旅行するならSFCは持っていて損はない!
なりますよね。

コロナ禍の現状から

SFCを取得すれば、ビジネスクラス、国内ではプレミアムクラスの搭乗と同様なサービスを
継続して受けることができます。

コロナ禍、SFC取得に必要なプレミアムポイント2倍キャンペーンがあり
年会費を払い続ける限りSFCなので、年々、会員は増加します。
空席待ち、アップグレード待ちは、DIA、PLTが優先なので難しくなりつつあります。

海外旅行は難しく、国内旅行に数回でステイタスを継続しました。

>ANAダイヤモンド会員を継続!現金持ち出し無しで解脱!

日帰りや数泊なら優先レーン、ラウンジの利用のみでした
自粛期間などは、一般旅行客より修行増が多い?ラウンジは混んでいました。

今後、旅のスタイルが変わり年数回の海外旅行?
LCCも含め、航空会社の選択を自由にするのならプライオリティパスが良いです。
また、年数回なら贅沢にビジネスクラス(国内ならプレミアムクラス)を利用するのも良いですよね。

まとめ

今後、新型コロナウイルスが終息したアフターコロナは
LCCも含め航空業界の再編等も予想され、旅の在り方や意識が変わると思います。

自分の旅スタイルに合ったクレジットカードを検討するのも良いかもですね。



自分の旅のスタイルに合わせて、ANAやJALの上級ステータス取得した場合
高い年会費のクレジットカードを持てば維持できます。
それぞれメリット・デメリットがあるので、ゆっくりと検討してください。




スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
SFC修行、マイレージ関連などの他の方のブログ参照が可能です。
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ