微笑みの国(タイ)が好きで
タイのバンコク等を舞台にした邦画で
タイを満喫してみませんか?

タイへの旅行気分が味わえる邦画を紹介します!




お勧め5選

旅の前に予習で見るか?旅の後に見るか?
どちらでも楽しめるストーリーが無くても
タイが眺められて満喫するための映画もあり
お気に入りの順に、並べてみました。
  • 熱帯楽園倶楽部
制作:1994年
監督:滝田洋二郎
主演:清水美砂, 萩原聖人, 白竜
ツアーコンダクターがふとしたきっかけで詐欺師の仲間入りして
バンコクでの詐欺師トリオのドタバタ劇。
まだまだインターネットが復旧していなく懐かしい頃の
バンコクが舞台です。
今見ると、その当時のタイのイメージが描かれています
  • 七夜待
制作:2008年
監督:河瀬直美
主演:長谷川京子,グレゴワール・コラン,村上淳
タクシーで、見知らぬ所で、森の中に逃げ込んで
マッサージを受けて。。。初めはストーリーがあると思いましたが
あまり、ストーリーが感じられませんでした。
が、タイ好きにとっては出家の儀式があったりと
タイを眺められる映画として気に入っています
残念なのは出家の儀式にタンクトップは無いですよね。
  • サヨナライツカ
制作:2010年
監督:イ・ジェハン
主演:中山美穂, 西島秀俊, 石田ゆり子
有名のラブストーリー(不倫)の映画ですけど
一度は泊まってみたい
「マンダリン オリエンタル バンコク
(Mandarin Oriental Bangkok)」での撮影シーンが多く
ラブストーリーが苦手でもホテルのシーンを見るだけでも
充分に、ホテルの美しさが楽しめます
123
オリエンタルホテルの他に
開港当時のスワンナプーム空港などの
バンコク観光気分になれます。
  • プール
制作:2009年
監督:大森美香
主演:小林聡美, 加瀬亮, 伽奈
自己主義?やりたい事はする母親の行動を
どのように理解すべきかのストーリーと思いますが
チェンマイの、南国の魅力が伝わる描写です。
いきなり映る「ワット ムーングコーン」の涅槃像は
目を開いていることで有名ですね。
映画の舞台のHoshihana Village(ホシハナヴィレッジ)
みたいな所に長期滞在してみたいです。
photo5jpg
七夜待と同じく、タイを眺められる邦画の一つです。

  • 地球で最後のふたり
制作:2003年
監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン
主演:浅野忠信,シニター・ブンヤサック,松重豊
タイの彼女ができ生活すると
この様な感じかなぁと。

5選+α(2選)

バンコクが舞台とした映画ですけど
あまりタイの風景が楽しめなかった作品です。
  • エリカ38
制作:2019年
監督:日比遊一
主演:浅田美代子, 平岳大, 窪塚俊介
最近、投資詐欺の容疑で国際手配され
タイで拘束された女性の実話です。
ただ、タイの描写は少ないですので
タイ好きには少しもの足りないのでは。
  • 人類資金
制作:2014年
監督:阪本順治
主演:佐藤浩市, 香取慎吾, 森山未來, 観月ありさ
ストーリは一番で、楽しめる内容ですが
タイは、架空の国のロケ地です。

これから見たい邦画

  • バンコクナイツ
2016年製作で、バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦と
日本人の男たちが織り成す、失われた楽園を取り戻すための
旅を描いた映画です。
 
まだ、レンタル配信されていないので
配信されたら、見たい作品の一つです。

その他(洋画)

洋画では、レオナルド・ディカプリオの「ザ・ビーチ」が
一番になりますが。。。
洋画はもう少し視聴の本数を増やして次回に。

まとめ



普通は「Amazonプライム・ビデオ 」で見たい映画を探していますが
Amazonにない場合は、あまり知られていない
楽天TVを、利用する事が多いです
例えば、紹介した「七夜待」は配信されていませんが
楽天TVで配信されています。
見放題プラン等がありますが、見たいもののみを
購入して見ることも可能です
無題
他にも映画が楽しめるサイトは色々あり
必ずしも一つのサイトで
自分の趣旨に合った映画が見れないのが辛い所ですよね。

スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ