ANAとAIRDOを比較してみました!

ANAのコードシェア(共同運行)で運航されているので
ANAで北海道へ行かれる方は、ご存知のAIRDO(エア・ドゥ)。

SFC修行は対象外になりますが
ANAやJALではなく、FSC(フルサービスキャリア)で料金を抑えるのなら
ソラシドエアやAIRDOがあります。

北海道往復なら、ANAでコードシェア便として搭乗するよりは
直接、AIRDOの航空券購入の方が、お得になります。

DSC_2663


コードシェア便とは?

コードシェア(共同運行)便とは、2社以上の航空会社が
1つの飛行機を一緒に運行している便です。

ANAは次の航空会社とコードシェアを実施しています。
エア・ドゥ
・IBEXエアラインズ
・オリエンタルエアブリッジ
・ソラシドエア
・スターフライヤー



料金比較

ANAマイルやステイタスの優待を受けるのならANAのサイトからですけど
料金優先ならAIRDOのサイトからの方がお得です。

  • ANAサイト
下図のように、AIRDOのコードシェア便と表示されています。
無題
  • AIRDOサイト
6時50分羽田発新千歳行きの料金は、ANAでは16,600円ですが
AIRDOで確認すると最安値が13,560円で、同じ飛行機で3,040円のお得です。
無題

このように10000円程までの差があることもあります。
いちいち、両サイトでの確認が面倒の場合は

スカイスキャナーの場合なら、他の旅行サイトも検索して
最安値の航空券が探せます。

>【格安航空券の検索方法】スカイスキャナーを知っていますか!

面白い検索結果の一例ですが
このようにTravelgenio(英語)サイトならANA便の方が安い逆転現象もあります。
無題

AIRDOとは?

AIRDO(エアドゥ)は、札幌市に本社を置き、北海道を中心とした路線を展開する航空会社です。
  • 運航路線
新千歳空港と東京国際空港(羽田空港)第2ターミナルをハブ空港としています。
羽田空港からは新千歳空港をはじめとして、函館・旭川・帯広・釧路・女満別の各空港との間で運航しています。

・東京(羽田)⇔札幌(千歳)、旭川、函館、女満別、帯広、釧路
・札幌(千歳)⇔仙台、神戸
・名古屋(中部)⇔札幌(千歳)、函館

AIRDOは、北海道の方や、北海道好きの旅行者向けですね。
  • 割引き運賃
AIR DOスペシャル」では、75、55、45、28、21日前からそれぞれおお得な航空券の予約ができます。早ければ早いほど、割引率の大きい格安航空券になります。
また、急な出張を要するビジネスマンには「DO バリュー」があり、直前の3日前または前日の予約でも、割引運賃のフライトに搭乗できます。
  • サービス
料金は安いですが、JALやANAと同じ手荷物制限、無料ドリンクサービスがあり、変わりはありません。
LCC利用時のように、安いからと意識することはありません。
  • その他
一部、ANAで使用されていた機体(ボーイング767-300型2機)が運航されており、ANAのプレミアムクラスのシートがあります。
ただし、
「お手伝いを必要とするお客様」が優先で
離陸後に上空で「AIRDOカード」会員に限定し座席変更ができる場合があるとのこと。
※カードを提示した上で、希望する場合は客室乗務員へ確認
無題
  • AIRDOサイト
https://www.airdo.jp/

ANAマイル

ANA便名での搭乗に限り、対象となります
AIRDO便名ではANAマイルではなく「My AIRDO」ポイントが貯まります
日頃、飛行機は利用しないのでANAマイルはいらない
または、AIRDO中心に利用するならAIRDOの方がお得ですね。
  • My AIRDO
フライトごとに「DOマイル」が貯まる「My AIRDO」ポイントプログラム。

DOマイルがたまれば特典航空券と交換でき、自身のフライトのみならず家族や友人へプレゼントすることも可能です。ポイントは最終搭乗の翌日から2年間有効で、その間に新たに搭乗すれば、有効期限はそのたびに更新されます。

さらも、利用頻度の高い方はもっとおトク!同一年度内に6回搭乗するごとに、100ポイントが加算されるボーナス制度があります(上限有り)。
  • ANAステイタス
ANAマイルと同様で、AIRDO便名では
優先搭乗、寄託手荷物の優先返却、空港ラウンジの利用のサービスは受けられません

まとめ

ラウンジはカードラウンジが利用できるカードを持って
LCCではないAIRDOやソラシドエアで、航空券の旅費を抑えるのも選択の一つです。

>【羽田空港国内線】「POWER LOUNGE」と「ANA SUITE LOUNGE」の比較

>【SolaseedAir (ソラシドエア)】ANAとSNAを比べて見ました

ANA便とAIRDO便では、販売される座席数(予約できる座席数)が異なり
ANA便が満席でもAIRDO便では、空席がある時もあります。

北海道旅行時など、JALやANAのマイル獲得に拘らなければ
AIRDO(エアドゥ)の方がお得になります。



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
SFC修行、マイレージ関連などの他の方のブログ参照が可能です。
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ