メールやSNSでメッセージ交換が出来るいま
コロナ禍で、長い間会っていない友人や家族などに
暑中見舞いを出してみませんか?

インターネットが普及するまでは
お正月は年賀状、夏は暑中見舞いを
出していましたが
年々、減って来たようなぁ。。。
4連休中の東京は、不要不急の外出自粛要請もあり
暑中見舞いを書いて見ました。
書くと言うか?『インターネットで
作成して出して見ました』が正解!

暑中見舞い・残暑見舞いとは

 「暑中見舞い」は
猛暑期に普段なかなか会えない方や
お世話になった方の健康を気遣い
壮健に過ごして欲しいとの願いを届ける
夏のあいさつ状です。
近況報告などをかわす意味合いもあります。
この習慣は、江戸時代に生まれたといわれています。
その由来は、お盆に里帰りする際
直接、品を持参して祖先の霊に捧げていたことによります。
江戸時代になると、お世話になっている人全般への
贈答の習慣になっていきました。
遠方で訪問できないお宅には
飛脚便を使って贈り物や書状を届けていました。
それが、明治6年の郵便制度の発達とともに
この贈答の習慣が簡素化されあいさつ状を
送る習慣になっていき
大正時代に現在の「暑中見舞い」という形が定着しました。
(*「日本郵便株式会社」のページから転載
・時期
 暑中見舞い:小暑(7月7日頃)~立秋(8月7日頃)前
     または、夏の土用(7月20日頃)~立秋(8月7日)前。
 残暑見舞い:立秋(8月7日頃)~8月末
・内容
 冒頭の挨拶
 時期の挨拶
 近況報告、お知らせなど
 相手を気づかう挨拶
 日付け

ネットで簡単に

子供の頃は
はがきを買い、一生懸命手で書き
纏めて投函の流れが
PCやワープロの普及で
宛先や本文のデザインをプリンターで
印刷するようになり
今はネットで全てやってくる便利な時代です。
また、便利なことは、住所も一度入力したら
毎回、住所などを入力することなく
送る相手を選択するだけです。
一度、入力すると年賀状など
毎回、利用できます。
ウェブポ(年賀状総合サービス)

住所がわからなくても送れる?

個人保護法に
メールやSNSでのコミュニケーションが主になり
住んでいる地域は知っているが、住所は?
最近は年賀状を出さない人も増えていますが
結婚したり出産や、引越しなどを
年賀状などの季節の挨拶で連絡と思い
相手に住所を聞くしかない?
実は、「住所がわからなくても送れるサービス」で
メールアドレスやTwitterアカウントで
相手を指定して送ると、相手にメッセージが送られ
相手が承諾すると実際に送られる仕組みがあります。
※こちらのサービスは年賀状のみです。
 コロナ禍、暑中見舞いもお願いしたいサービスですね。

インターネット上のサービス

作製・印刷から、直接ポストに投函も可能で
あて名印刷無料。
メールアドレスやTwitterしか知らない宛てにも送れる
挨拶状ドットコム」や「ウエブポ」などで
サービスが提供されています。

かもめ~る

年賀はがきと同じく、夏はくじ付きの
「かもめ~る」が販売されていますが
かもめ~るの仕上げです。
ウェブポ(年賀状総合サービス)

その他

  • その他①
一筆心がこもった言葉の場合は
印刷したはがきが自宅に届き
一筆入れて、自分で投函もできます。
また、1枚から受け付けてくれるので
面倒ですが、相手によってデザインや
メッセージが変えられます。
  • その他②
「ウェブポ」では、コロナ禍
アマビエさまのデザインもあります。
無題
  • その他③
タイなどで海外に住んでいても
インターネットから簡単に海外からでも
挨拶可能ですね。

番外編:ANAの壁紙

ANAの壁紙・スクリーンセーバーがダウンロードできる
ページがありますので、利用している方は
多いと思います。
過去の物になりますが
2016年の暑中見舞いの壁紙が気に入っています。
無題

まとめ

Withコロナでコミュニケーションを含めた
生活様式が変化していますが
年賀や暑中見舞いの挨拶を大切に
気になる友人や恩師などに、暑中見舞いを
出してみませんか?
 ウェブポ(年賀状総合サービス)




スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村