美しい天井画がインスタ映えするで有名になった
ワット・パークナム(ワット・パクナム)。

ワット・パークナム?ワット・パクナム?のどっらが正しいのか。
ワット・パークナム (Wat Paknam Phasicharoen)です。

MRTが延伸した事で、最寄り駅から徒歩で行ける観光名所になり
早速、MRTで行くことにしました。

MRTバーンパイ駅からの行き方

MRTブルーラインが延伸になり徒歩で行けるとのことで
早速、行ってみました。
最寄り駅は、バーンパイ駅(Bang Phai)になります。
0980914e.jpg
出口は1番になります。
fbde9970.jpg
ホームからも、ワット・パークナムの特徴である仏塔が見えまので
方向は分かりますが。。。
私が行った時は、仏塔の隣に大きな仏像を建設中で
隣のクレーンが目立ちます。
b775d626.jpg
GoogleMapでは、850mで徒歩11分の表示です。
f57ef50d.png
案内通りに進むことに、ここを右へ。
行きなり裏路地にはいります。
43f4e19e.jpg
学校の横を通りますが。。。
人が歩いていない!
狭い道で曲がり角では急に車へバイクが飛び出してくるので
注意してください。
0aeca823.jpg
昭和の感じの懐かしい裏路地ですが
観光客とすれ違うこともなく、街灯がない!
ここで「追いはぎ」に合えば。。。少し危険な香りが。
5198ec41.jpg
途中、神社らしい建物がある怪しい道?
3ea71c95.jpg
もっと怪しいのが、この駐車場(空地?)。
GoogleMapでは道の表示?そのまま進むと、再び道が現れて一安心!
2e27f711.jpg
運河が現れて、アーチ状の橋を渡ると。。。
従来通りの経路で来ている観光客で、急に人が一杯!
848690da.jpg
後は迷うことなく、案内板があります。
50ec14f0.jpg

ワット・パークナム

案内に従って進むと仏塔の前に。
f8a45b16.jpg
仏塔を見上げて見ると。。。
想像していたよりは小さなぁイメージ。
8a15db72.jpg
立派な入口です。
f8da466b.jpg
館内の案内を見て、中に進みます。
093561f9.jpg
ワットパクナムは天井画だけではありません!
各階には、金色に輝く仏様等々が展示されています。
8faadfd3.jpgf5563667.jpg
ゆっくりと見学して階段を登っていくと。。。
ついに天井画の階に。
0016f6b7.jpg
天井を見上げると。。。美しい空間が楽しめます!
いつもスマホのカメラを使っていますが
デジカメが欲しいと思う一瞬です。
f9df4d32.jpg
塔の中には、仏様が!
a0adcd9e.jpg
天井画の階から展望も楽しめます。
c8da4918.jpg

参拝時の注意事項

私の印象では、観光客の8割は日本人?
仏教の国タイでは、仏様を敬うために
仏頭より高い頭の位置で写真を撮ってはいけないので
仏像より頭を下げて撮影するように気を付けてください。

まとめ

この行き方は、本当の路地裏を進む路になり
昼間は良いですが、参拝時間が夕方になった時など暗くなったら注意してください。
その場合は、寺院の周りはタクシーがあるので、タクシーでの移動がお勧めです。

大仏塔からの展望で、白い大仏像の背中が見えます。
6c6a2e82.jpg
「美しい天井画」とは対照的で、ユニークな珍寺の「ワット・クンチャン」です。
時間があり興味を引けば、立ち寄って見るのも面白いですよ。





スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ