木の根で覆われた仏頭で知られていて
アユタヤ観光では外せないワット・マハタート(Wat Mahathat)

仏頭で知られていますが、
アユタヤ王朝初期の頃の遺跡で
ビルマ軍の侵略により
頭部がない仏像、崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台の
仏教寺院の廃墟で、見所は多いです。
DSC_1345

菩提樹の仏頭

ビルマ軍が切り取り放置した仏像の頭部(仏頭)が
長い年月の間に菩提樹の根に取り込まれ
木を切らない限り取り出すことができなくなったようです。
DSC_1347
写真を撮る場合、仏頭よりも頭が低くなるよう撮るのが
礼儀ですので、注意してください。
DSC_1339

遺跡群

礼拝堂を囲むようにレンガの壁があり
ほとんどが、頭のない仏像です。
DSC_1341
DSC_1342
DSC_1346
始めて訪れた時は、あまり事前に調べていなく
戦争の悲惨さを感じる遺跡です。
DSC_1349
世界遺産のアユタヤ観光では、この遺跡群を巡るため
必ず寄るところです。
じっくり見学するには、最低1時間は欲しいところです。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ