沖縄でゆいレールで行く首里城は有名ですが
ゆいレールが延伸になり
世界遺産の「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に
含まれていませんが、気軽に行けるようになった
浦添城跡」に行きました。

琉球王国は、本土とはまったく異なった文化で
統治者が築いた城のことを「グスク」と呼ばれています

また、首里城以外のグスクは建物はなく
城門や石垣が残るのみの遺跡ですが
古代の風が吹いているような雰囲気が良い感じです。

現在は、戦争の激戦地で、城壁なども消失し
復元された城壁を見ることができ
浦添城跡を含め浦添大公園として整備されています。

220年間の居城が浦添城と言われています。

公園から、ようどれに向かうと、城壁に囲まれた
見晴らしが良くなります。
DSC_0900
地表に現れていなかった城壁を確認して復元された物です。
フェンス内は日本軍の壕跡。
DSC_0901


浦添ようどれ

ようどれに向かう城壁が
正直、遺跡巡りの感じです!
※こちらがメインと思いますので、ぜひ訪れてください。
DSC_0920
DSC_0923
13世紀に建てらてた
英祖王と尚寧王が葬られているお墓です。
DSC_0921
※「浦添グスク・ようどれ館」で英祖王稜の内部が原寸大で
復元されています。

ディーグガマ

鍾乳洞が陥没してできた御嶽で
戦時中は避難壕として使われていました。
DSC_0905
DSC_0906


ワカリジー

ワカリジーへ行く道は、道が険しくて山道?
現在(2020年10月)、発掘整備中で園路から行けません
DSC_0910
DSC_0915
前田高地平和の碑」に行き
墓地を通り行くことが出来ました。
※この行き方は推奨されていないかも知れません。
DSC_0911
ワカリジーは浦添城跡の東端に屹立する岩で
古くから信仰の拝所です。
DSC_0914


展望

映画「ハクソー・リッジ」の舞台は前田高地で
展望の良い公園になっています。
DSC_0916
他、「浦添グスク・ようどれ館」の所にも
展望台もあり普天間基地方面の展望が良いです。
DSC_0912


浦添グスク・ようどれ館

入館料は大人100円です。
DSC_0926
浦添グスクと浦添ようどれの歴史をわかりやすく
出土遺物やパネルがあります。
英祖王稜の内部が原寸大で復元されています
DSC_0925


南エントランス管理事務所

入館料は無料です。
DSC_0931
入ると、浦添グスク(城)の全体像が分かる模型が
あります。
DSC_0929
鬼瓦のレプリカなども展示されており
目立たないところにありますが、ここも立ち寄ることを
お勧めします。
DSC_0930


アクセス

ゆいレール「浦添前田駅」から浦添大公園の入口になる
南エントランス管理事務所まで、歩いて10~15分ほどです。
※駐車場は、南エントランス管理事務所や浦添グスク・ようどれ館の
所にあります。



まとめ

浦添城跡を散策するには
登りもきつく、しっかりと歩ける運動靴などの準備を。
遺跡などの周りは、緑が生い茂っており
ところどころに「ハブに注意」の看板があり
注意が必要です。
DSC_0908
周遊するのに1~2時間で計画してください。
DSC_0927
沖縄の観光では、レンタカーやバスで行くところが多いですが
ゆいレールが延伸になり、浦添の観光が身近になりました。
浦添城跡は世界遺産ではありませんが
琉球王国の歴史や戦争の悲劇が十分に学べるところです。

浦添は他にも史跡などが多く、ぜひ訪れて見てください。



にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ