沖縄の那覇へ1泊2日で旅することが多いです。
空港からはゆいレールで移動しますが
1日乗車券をご存知ですか?

1日乗車券(1日フリー乗車券)と言えば、購入日の日付が有効と思いがちですが
ゆいレールの1日乗車券は、購入から24時間有効です

ゆいレールは、2019年10月に首里より先に延伸しています。
今回、浦添へ観光した時に1日ではなく、24時有効の事を知り
お得に「ゆいレール」で移動・観光しました。

また、観光スポットの割引きもあり
那覇観光時には、お得な乗車券です。


ゆいレール

ゆいレールは、那覇空港から首里、浦添を結ぶ、モノレール路線です。
国際通りや首里城観光などに便利な路線です。
DSC_0933
日本の最西端の駅(那覇空港駅)と最南端の駅(赤嶺駅)がありますが
モノレールと鉄道の違いは?
駅名としては、最西端と最南端で、鉄道ファンの方にとっては
モノレールの駅を鉄道の違いが気になるところのようですが
その点はあまり気にしなくて
空港から駅に向かうと、最西端の駅としてワクワクします。
DSC_0896

乗車券の種類

2020年3月から「Suica」などの交通系ICカードが利用できるようになりました。

利用できるようになり便利になりましたが
逆に自動券売機を利用しなくなる欠点がありますよね。
DSC_0960
有効期限なら何度でも乗降りできるフリー乗車券は
1日(24時間)と2日(48時間)があります。
有効期限は購入の日付ではなく
購入時から24時間(1日)、48時間(2日)です

手軽に自動発券機で購入できます。

  • 料金
1日乗車券:800円(小人400円)
2日乗車券:1400円(小人700円)

最長の那覇空港駅~でだこ浦西駅の片道は370円です。
途中、観光して宿に行き、翌日に空港に戻るなら
お得になることが多いです。

割引き施設(割引き観光スポット)

ゆいレールで行ける首里城などの観光スポットで乗車券を提示することで割引きが受けられます。

ゆいレールの駅から徒歩で行ける主な観光スポットと割引き額です。
(割引き額は2020年11月の金額です)

福州園
県庁前駅より徒歩7分
大人:200円→160円
小人(中学生以下):100円→80円

・那覇市立壺屋焼物博物館
牧志駅より徒歩12分
大人:350円→280円
大学生以下は無料

首里城
首里駅より徒歩15分
大人:400円→320円
高校生:300円→240円
小・中学生:160円→120円

・玉陵(たまうどぅん)
首里駅より徒歩15分
大人:300円→240円
小人(中学生以下):150円→120円

・壺屋やちむん通り
牧志駅より徒歩12分
通り会加盟店でお買い物時5%割引

・沖縄県立博物館・美術館
おもろまち駅より徒歩5分
(博物館常設展示)
一般:530円→420円
大高生:260円→210円
県外の小中生:150円→120円
(美術館常設展示)
一般:400円→320円
大高生:210円→170円
県外の小中生:100円→80円

対馬丸記念館
県庁前駅より徒歩15分
大人:500円→450円
中・高校生:300円→270円
小学生:100円→90円

・那覇市ぶんかテンブス館
美栄橋駅・牧志駅より徒歩5分
大人:1,500円→1,200円
中・高校生:1,130→900円
小学生以下:750円→600円

那覇市歴史博物館
県庁前駅より徒歩1分 パレットくもじ4階
一般:350円→280円
大学生以下は無料

他、バスの移動になりますが
旧海軍司令部壕、浦添市美術館、識名園の割引きが受けられます。

利用例

先日の沖縄旅行の例になります。

①那覇空港駅→浦添前田駅(通常運賃:370円) 
②浦添前田駅→首里駅(通常運賃:270円)
 首里城観光(400円→320円)
③首里駅→壺川駅(通常運賃:300円)
④(翌日)壺川駅→那覇空港駅(通常運賃:270円)
で、一日乗車券を利用して490円のお得!

まとめ

特に、安いビジネスホテルなどを利用した節約旅行では
1日乗車券(または2日乗車券)を利用したら
お土産代分が、お得になります。

日を跨いだ24時間有効で利用できますので
1泊2日での那覇滞在には、充分に利用できる乗車券です。

また、割引き対象の観光スポットを見ると
観光地が色々と廻れますので
SFCやJGC修行などの弾丸旅行で
「ゆいレール」での観光は、如何でしょうか?



にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ