マレーシア・クアラルンプール国際空港から
先ずはバスか電車でKLセントラルへ移動する方が多いと思います。

クアラルンプール観光においても、KLセントラルを拠点になりますが
食事に困ったことはありませんか?

KLセントラル駅直結のNu Sentral shopping Center(ヌーセントラルショッピングセンター)があります。
ブランド店が多くショッピングが主のイメージですが、食事をするのにも、フードコートからマックや普通の食堂街(レストランフロア)があります。
2014年のオープンで、モール内は綺麗で、ローカルフードから高級店まで楽しめます。

KLセントラル駅は各方面の鉄道が交差するハブになっていることもあり、ひとりでも楽しめるので良く利用します。


ヌーセントラルショッピングセンター

2014年オープンで、スーパー、両替所、フードコートからブランドショップ、映画館もある
KLセントラル駅直結のショッピングモールです。
DSC_2790
マレーシアは多民族国家で公用語はマレー語ですが
1967年迄は英語が公用語で、現在は準公用語です。
クアラルンプールの観光地ならどこでも英語が通じて驚きますが
さてNu(ヌー)とは?と不思議に思いませんか?
英語のNewのことです。

食事例

  • 食堂街(レストランフロア)
LEVEL 3、4に集中しています。
おなじみの鼎泰豐(ディンタイフォン)に
DSC_2792
すしざんまい?日本のすしざんまいとまったく関係ないSushi Zanmaiです。
DSC_2791
マレーシアなのにタイ料理の「Mr.Tuk Tuk」へ行きました。
DSC_2794
プレートにいくつかの料理とご飯のセットがいくつかあり
写真を見て直観で、プレートのセットメニューを注文。
お味は、ご飯があって良かったと思うぐらい全てスパイシー!
ただ日本でのタイ料理と同じく、パクチーがくどい!
(実はパクチーは苦手派です)
料金は、税込みで21リンギット(日本円で約530円)です。
DSC_2793
  • フードコート
LEVEL 3にあります。
DSC_0534
ひとり旅なら、ついついフードコートの方が落ち着きませんか?
ショッピングモール内ですので、清潔でローカルフードを安価でいただけます。
こちらはレストランフロアと違い観光客はほとんど見かけませんでした。
バリバリの東洋人は、少し浮いていましたね。
DSC_0537
DSC_0536

場所

KLIA ekspresやMRTのKLセントラル駅からMRT(モノレール)乗り場に進む途中にあります。

DSC_2789

まとめ(感想)

他にMRT側の歩道の所には、狭いですがオープンテラス風のお店もあります。
ひとり旅でも、フードコートもあり一人でも入りやすいお店が多く
KLセントラル付近で、食事に迷った時の強い味方です

夜の10時迄空いていますので、KLセントラル付近の宿泊時には
お土産などのショッピングと合わせて、便利な場所で食事をする時に困ったなら寄ってみてください。

クアラルンプールで、少々埃ぽいですが東南アジアのローカル感を味わいたいのならアロー通りがお勧めです。




スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ