旅好き、特に飛行機好きにとって
次の旅で勉強したウンチクを話したくなる検定があるのをご存知ですか?

決して就職に有利になる検定でなく、飛行機や歴史のウンチクが学べる検定です。
検定を受けるのが目的でなくても、テキストを読むだけでも楽しめます。
練習問題を見ると
・「ジャンボ」の愛称で呼ばれる機体のは次のうちどれか。
・日本で最も長い滑走路は成田空港のA滑走路と関西空港のB滑走路だが、その長さは何mか。
・岩国飛行場の現在のIATA空港コードはどれか。
などです。
その検定名は、「旅客機・エアライン検定」です。

2019年に1回目が開催されて、抽選でJALマイルプレゼントや工場見学のイベントが開催されました。
テキストの帯を見ると2021年春に実施予定です

自粛の年末年始期間、旅で利用している飛行機について、勉強してみませんか!

AdobeStock_142205962

旅客機・エアライン検定

飛行機や、航空管制、空港の知識、業界の歴史などが学んで受験する検定です。
  • 受験資格
旅客機が好きな方ならどなたでも受験可能
  • 出題形式
3級・2級ともに、マークシート80問(4者択一形式)
  • 合格基準
3級・2級ともに、おおむね正答率70%以上で合格
  • 合格率
第1回は1,825名受験で、3級合格率は76%、2級合格率は54%
  • 公式サイト
  • テキスト
航空機の構造や航空管制知識がわかる!旅客機・エアライン検定 公式テキスト』が販売されています。
内容は分かり易くて、受験しなくても次の旅が楽しくなる内容になっており、読むだけでも楽しめます。
(目次)
CHAPTER1:エアライン入門
CHAPTER2:航空機の歴史と構造
CHAPTER3:航空路と航空管制
CHAPTER4:エアライン会社とサービス
CHAPTER5:航空業界で働く人たち
CHAPTER6:空港の仕組みと運営

他の検定

  • ANA航空検定
無題
十数年前からあるWebで知識が学べる検定です。
ただ残念な事は2020年12月31日サポートが停止する「Flash Player」を利用していることです。
現状から2021年からの復活は当分ないと思いますが、コロナ終息後は同じようなコンテンツが公開されることを望みます。

・例題
操縦室の機長席は、飛行機の進行方向に向かってどちら側でしょうか?
定期的に、エンジン入口からお湯を流してエンジン内部を洗浄する理由は?

・公式サイト
https://www.ana.co.jp/ja/jp/promotion/classroom/kentei/
  • 航空検定
古くからある日本航空教育協会の検定です。
「旅客機・エアライン検定」と比較すると1級まであり
ただ旅客機の文言がなく、グライダーもありの航空工学や1級になると航空法規の出題もあり、こちらの方が難易度が高いです。
※現状「旅客機・エアライン検定」は3級と2級で、まだ1級の設定がありません。

こちらのテキストも図解などもあり、分かり易く飛行機好きには楽しめますが
内容が重なる点もあり、受ける検定の方を読む
どちらも受けなければ、「旅客機・エアライン検定」の方が旅客機が主ですので、こちらをお勧めです。

・公式サイト


まとめ

年末年始を家で過ごす方が多いと思います。
1回目の最年少合格者は11歳とのことで、図鑑を見るようテキストを見て家族でも楽しめます。

今までの飛行機での旅では気付かなかったこともあり
テキストを読むだけでも知識が広くなり、次の旅でウンチクが話したくなります。

検定を受ける受けないはありますが、飛行機好きには、楽しめる1冊です。
2021年春に2回目予定で、合格者への特典などは未定ですが、隙間時間に勉強してみませんか?



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ