お正月も含め2月7日迄は自粛要請期間で、1月は搭乗なしの状態で
GW、夏休み期間を含めた「SUPER VALUE PREMIUM 28」の販売が1月26日から開始されます。

2019年2月迄は月1回は海外へ週末弾丸旅行で、プレミアムポイント(PP)を貯めて
ダイヤモンドサービスメンバーを維持してきましたが
自由に海外旅行に行けるのは、2021年の夏以降?2022年から?などと予想できない中
2021年は、ダイヤモンドサービスのステイタスを目指すべきか?

月1回ほどの海外旅行で、あまりステイタス修行とは思わなく
ステイタスを維持してきたため、修行すべきか悩ましいところです。

平SFCとプラチナサービスメンバーの大きな違いの
搭乗時のボーナスマイル105%は国内旅行が主でも欲しい特典で、プラチナサービスのステイタスは維持したい!
ダイヤモンドサービスのステイタス継続は、2022年に海外旅行が自由に行けるか否かでの検討と思います。

昨年は運航されていませんが、今年ギャラクシーフライトの復活があれば
この期間に、プレミアムポイント2倍のキャンペーンが来れば、ガツガツ利用してダイヤモンドのステイタスが維持できるのですが。。。
「SUPER VALUE PREMIUM 28」の販売にあわせて、ダイヤモンドサービスメンバーを目指すべきかを纏めました。



DSC_0895

「SUPER VALUE PREMIUM 28」販売

無題
2021年3月28日(日)~2021年10月30日(土)搭乗分の「SUPER VALUE PREMIUM 28」が販売されます。
販売日時は各ステイタスで異なり
ダイヤモンドサービスメンバーは先行で1月26日(火)9時30分からになります。
前回の3月27日分は発売日が休日であったにもかかわらず即売ではありませんでした。
今回は、緊急事態宣言解除明けになり今までとおりの即売が予想されます。


「ANA SUPER VALUE」よりはPP単価は低くなりますが
1回の搭乗で獲得できるプレミアムポイントが大きい「SUPER VALUE PREMIUM 28」。
販売時期には、2月以降の状況が予想できないため非常事態宣言延長や自治体の要請などで
搭乗回数が減る事も考えられるので
プラチナサービスのステイタス維持を視野に、ある程度は1回の搭乗でプレミアムポイントが貯まる
「SUPER VALUE PREMIUM 28」を予約する方針です。

PP単価からの考えも必要ですが、このコロナ禍、少ない回数での修行の考えも必要です。
羽田~沖縄(那覇)間のOKAタッチで比較すると
プレミアム:2,860PP(往復5,720PP)
・普通:1,476PP(往復2,952PP)
で、プレミアムクラスなら9回で、プラチナサービスのステイタスが維持できます。
また、SFCが取得できるポイントが貯まります。

2倍のキャンペーンなどは考えなく、PP単価だけで考えると「ANA SUPER VALUE」になります。
また、ギャラクシーフライトが復活すれば、自由に休みが採れない方にも強い味方になるのですけど。

ダイヤモンドサービスメンバーの振り返り

出張が多い時は、空席待ちの優先度が高く、ほぼ予定の便に搭乗できたのは大きいです。
年々、出張の回数は減り、月1回ほどの海外旅行で自然にステイタスを維持してきました。

基本は、荷物が少なくエコノミーでの旅行で
ダイヤモンドサービスメンバーの特典で良かった点は?
  • ANA SUITE LOUNGE(スィートラウンジ)
国内線は「ANA LOUNGE」と比べると、やはり軽食があるのが良いですよね。
ただ、昨年はプレミアムポイント2倍でステイタス者は多い事が予想でき
正直、国際線では個人的には混みすぎて、シャワーの待ち人数が半端ではないと感じることが。



  • ANAダイヤモンドサービスメンバー特典(SKYコイン)
ダイヤモンドサービスメンバーには選択式の特典があり、その選択のひとつの「SKYコインコース」は
80,000SKYコインが貯まり、次の旅に利用できます。
無題
  • ボーナスマイル
こちららのボーナスマイル130%は旅をするごとにマイルが効率よく貯まるので、この特典はとても嬉しいです。
無題
  • アップグレード
プレミアムエコノミーの無料アップグレード制度がなくなりましたが
ビジネスクラスへのアップグレードができたことが多く、ほぼ年度内にアップグレードポイントを使い切っていました。
  • ANA SUITE CHECK-IN
ハイシーズンの夏休み期間や年末年始で混んでいる時、特に羽田空港(国内線)と成田空港(国際線)は
ある程度は並ぶことがあってもスムーズに保安検査が通れて便利です。
  • 優先搭乗
Withコロナで、今の後方窓側からの搭乗順に変わるのでは?
  • IHGスパイアエリート
このステイタスマッチが始まり海外での宿泊はIHGが多くなりました。

  • その他
雪などの天候不良時、当日のカウンターで優先に対応頂いたりとありますが
旅行時は、他の特典はあまり恩恵を受けていないです。


2021年はダイヤモンドサービスメンバーを継続すべきか?

私の場合は、2022年に自由に海外旅行ができるかでの判断になります。
今はまったく予想もできない状態ですので、プラチナサービスメンバー継続を目指して
GW明け頃に再検討したいと考えています。

PP単価を10円と考えると、ダイヤモンドサービスメンバーになるには100万円掛かります。
費用対効果はあるのか?デメリットの点にもなりますが検討するための事項は?
  • 国内旅行のみの場合
優先搭乗はなくなると考えて、座席指定範囲が少し減ることと
ハイシーズンは年2~3回の利用なので我慢できる「SUITE CHECK-IN」。
「SUITE LOUNGE」の軽食は?
取得費用の差額を考えると、空港内の食事でも十分に食べられる分は浮きますよね。
  • 2022年は海外旅行が可能?
旅が次の旅のためにマイルが効率よく貯まるので、自由に海外旅行に行けるのなら維持したい理由のひとつです。
また「ANA LOUNGE」より「ANA SUITE LOUNGE」の方が空いているのも良い所です。
  • 海外の空港では?
ダイヤモンドサービスメンバーで、欧米ではなくほぼ東南アジア路線利用からの観点です。

日本の航空会社ですので、国内の空港では十分なおもてなしですが
海外の空港では、ANA便利用時のカウンター、優先搭乗など以外は、平SFCと同じです
シンガポール・チェンギ空港のようにステイタスによって利用ラウンジが変わる空港は少なく


また、今は利用できなくなりましたがマレーシア・クアラルンプール空港の入出国時のプレミアムレーン利用
などの特典があればと思いますが。。。
海外からの帰路は、あまりステイタスの差がありませんので
2022年は自由に海外旅行に行けない、行けても数回なら
2021年のダイヤモンドサービスメンバーを目指さなくても良いのではと。
a2d192e5-s

まとめ

年の初めから緊急事態宣言があり、SFC修行やプラチナ、ダイヤモンド防衛の修行をどうするかと悩んでいる方は多いのでは?

「プレミアムポイント2倍キャンペーン」や「ステイタス延長」の特別対応の有無は不明ですので
現状から判断が難しいところもあります。
GWは自由に国内旅行ができ、オリンピック開催で2022年は自由に海外旅行ができるようになることを祈っています。
ただ現状は難しいところで、GoToトラベルは再開されていない、いつ再開?

待てない?搭乗の回数を少なくしてステイタス維持を考えると。。。
1月26日の「SUPER VALUE PREMIUM 28」販売時に、修行計画があれば予約を検討してみてください。

2021年のSFC修行、旅行計画については、こちらの記事を参考にしてください。



まだまだ厳しい状況が続きますが、GW頃には収束することを祈り
今年は修行を楽しめれば良いですよね。



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ