2021年5月3日からスターアライアンス(Star Alliance)のラウンジ利用条件(Lounge Access Policy)が変更されます。

一部の方には改悪?また一部の方には、そもそも知らなかったことかも知れませんが
今まで「同日、同空港出発のスターアライアンス加盟航空会社運航便利用の同伴者(ゲスト)1名」でしたが
同搭乗便のスターアライアンス加盟航空会社運航便利用の同伴者(ゲスト)1名」に変更されます。

例えば、関西の友人とエアチャイナでバンコクから帰国する時
・バンコク(スワンナプーム)→トランジットの北京や上海まで
スワンナプーム空港では、同じ北京(や上海)便なので同伴者のラウンジ利用可能
・トランジットの北京や上海で、自分は成田行、友人は関西行になり
搭乗便が異なるため、同伴者のラウンジ利用不可
になります。

783734_s

ラウンジ利用条件(ラウンジアクセスポリシー)

スターアライアンスの利用条件(ラウンジアクセスポリシー)は?
・ご訪問の同日または翌朝の5時までに出発するスターアライアンス加盟航空会社の運航便の搭乗券をご提示ください。
・お手持ちの搭乗券にスターアライアンス ゴールドのマークが入っていない場合には、有効なスターアライアンス ゴールドカードも提示いただく必要がございます。
・ラウンジの入り口に、スターアライアンス ゴールドのロゴが表示されています。
同日に同じ空港を出発するいずれのスターアライアンス便に搭乗される同伴者は1名様までご一緒にご利用いただけます。

同伴者は、普通は同便とは思いますが
「同日に同じ空港を出発するいずれのスターアライアンス便に搭乗される同伴者」の条件で
利用している方は、どのぐらい居るのだろうか?

ラウンジの長時間利用やラウンジ巡り(ホッピング)時は気にならないですが
搭乗時間の2時間前ぐらいで、シャワーが混んでいて利用できない等々で
本来のラウンジ利用時、混んでいると感じますが、この条件変更で混雑は緩和されるのか?

冒頭に記載したようにトランジットの空港で分かれる時、目的が別々だが出発時間が同時刻の場合の利用者は多いと思いますので、緩和されることに期待。

2021年5月3日から?
上記に記載したスターアライアンスのアクセスポリシーは変更されていません。
LoyaltyLobbyの2021年1月13日のこちらの記事で確認できます。
要約は
・ルフトハンザドイツ航空、エーゲ航空は通知している
・スターアライアンス広報から5月3日ラウンジアクセスポリシー変更を確認した
との事です。

まとめ

国内線(ANA LOUNGE)は影響しないと思います
国内線にあてはめると、例えば
羽田から福岡に出張する時、広島へ出張する同伴者は利用出来ないとなりますね。

ひとつの航空機利用の戦略として国内線(ANA LOUNGE)でSFCは不可
上級会員(ダイヤモンド、プラチナサービスメンバー)は可能にすると、ステイタス継続組が増えるかもですね。

コロナ禍で混んでいませんが、終息後に今までのように戻ると、ラウンジが混むことも。
利用者にとってはラウンジが空き、提供者は一人当たりの経費が抑えられると良い点もあり
その反面、改悪と捉えられる点もあると悩ましいポリシー変更ですね。

SFC修行の目的のひとつのラウンジ利用があげられますが
同日、同空港出発ならとご存知の方は少なく
一緒に旅行に行く同伴者もラウンジが利用できることは変わらないので
今、修行を目指している方への影響は少ないのでは。

ただ今後、同伴者の利用が出来なくなったら、本当に改悪になりますよね!



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村