台北の国際空港は、松山空港(TSA)と桃園空港(TPE)があります。

羽田発着で台北行くANAやEVA(エバー航空)は、松山空港便が多いですが
今回は成田発着で桃園国際空港を利用しました。

日本から近く観光の人気都市台湾の台北。
1979年に国際空港として桃園国際空港が開港されてからは国際線は
こちらに移されました。

同じ台北の松山空港と比較すると、少し市街地から遠い点がありますが
空港は第1から2ターミナルになる巨大な空港で免税店なども充実しています。
尚、第3ターミナルは、2025年完成予定。

桃園空港へのアクセス

2017年MRTが延伸して台北駅まで約35分になり便利になりました。
松山空港は約15分でしが、15分の差なのであまり遠くとは感じませんね。
国際線の起点だけに台北と逆の高鉄桃園駅にもアクセスがよく、台中、台南、高雄への移動も便利です。
DSC_0004_5

マッサージ

台湾にマッサージを目的に行く方も多いと思いまが、制限エリアにもマッサージ屋さんがあります。

場所は、EVAのラウンジへ向かう途中(同じ階)にマッサージ屋さんがあります。
DSC_0008_4
ラウンジに入る前に、台湾旅行での楽しみであるマッサージを帰国直前に。
少し慌ただしくなりますが、60分全身コースを受けてスッキリ!
お値段は、空港内との事もあり1300NT$です。

ラウンジ

行の成田では、普通の『ANA LOUNGE』のチケットを貰ても『ANA SUITE LOUNGE』に入れましたが桃園空港では、ANAの上級ステータスでも普通のSFC扱いです。

エバー航空のラウンジは、INFINITY、STAR、CLUB、GARDENの4つあり
INFINITYは、ビジネスクラス利用者になり
普通のSFC扱いで、エコノミークラス搭乗時はSTARの利用になります。
DSC_0009_5
残念ながらガヤガヤしていましたが、ここはしっかりと食事を。
以前、同じ台北の松山空港のラウンジは小籠包等もあり美味しかったですが
こちらは料理の種類も少なく私の好みの味ではなく残念!
DSC_0010_4

お土産

お土産屋さんも松山空港と比較すると、お店が多いです。

帰国の便の時間も近づき、まずはお土産のパイナップルケーキを。
日本語ぺらぺらのおばさん店員さんからすすめられた物を二つ購入しました。
DSC_0015_5

搭乗記(復路)

帰国の便もSFC優先で搭乗できます。
DSC_0012_4
帰りの便もほぼ満席!
飛行時間は、ほぼ沖縄(那覇)と時間と変わりませんので離陸後、機内食が離陸後直ぐで慌ただしいです。
DSC_0013_4
食事は。。。CAさんから台湾語で聞かれて、???の顔をすると英語になり一安心。
満席の日本発着でも、エコノミークラスではアウェイ感たっぷり。
ポーク?と単語が聞き取れたので、頷いて自然にポークを。
ふたを空けるとポークカレーで美味しくいただきました。
エバー航空はエコノミーでも、ANAと同じく機内食は美味しいです!
DSC_0014_5

まとめ

 

エバー航空も、松山、桃園ともに直行便もあります。
空港は、桃園空港の方が設備などが充実しているので、こちらの空港の発着が良とは思いますが
ただ成田に行くことを考えると、松山空港の選択かなぁ?

成田発着の方が、航空運賃は安いですが
差額が1万円なら、我が家からの交通費を考えると羽田の方が便利です。

今回、成田発着の台湾旅行で、始めて桃園空港を利用しました。

松山空港と比べると入国者が多いため、入国審査の行列を考えると
羽田から松山空港利用の方が、本当に近くに感じる台湾旅行と感じました。



スポンサーリンク

参加ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村