2021年4月から羽田、成田空港の「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」をプライオリティパス(PriorityPass)でも利用できるようになりました。

今まで、羽田では利用できるラウンジがなくて、あまり注目されなかったプライオリティパスでしたが
今回のことで、プライオリティパスを持っことを検討される方が多いのでは?

プライオリティパスとSFC(スーパーフライヤーズカード)の両方持って
旅を続けてきましたが、SFCにとっては改悪?

ダイヤモンドサービスメンバーのため、「ANA LOUNGE」は利用したことはなく「ANA SUITE LOUNGE」の利用ですが
新型コロナウイルスが流行る前は、金曜の深夜便に乗る時には、いつも激混!
プライオリティパスを持っている方も利用することで、増々混むことが予想されます。

修行して手に入れたSFC!
海外旅行が再開されたら快適なラウンジを楽しみにしていたら、このニュースを聞くと改悪ですよね。

ただANAもJALも赤字企業です。
着陸・停留料の徴収率を45%減額の税優遇はあり
もし国から資金注入があれば世論は厳しく、ANAとJALの統合の話がでるのでは?
SFC年会費の収入と同じく、ラウンジを開放してプライオリティパスからの収入を増やすことは良い経営判断では?


DSC_3922

プライオリティパスは持つべき?

毎回ANAおよぶスターアライアンス便のFSC(フルサービスキャリア)を利用するのであればSFCの威力はご存知の通りです!

ただ、LCC利用やスターアライアンス便がない時は?
マレーシア・クアラルンプール~シンガポール・チャンギ間をよくエアアジアで移動したり
タイ・スワンナプーム空港でのラウンジ巡りで、プライオリティパスを利用しています。

>>スワンナプーム空港 ANA指定+プライオリティパス利用のラウンジ6選

>>【KLIA2】3つのPlaza Premium Loungeを巡回

では、SFCは必要なのか?
ANAをはじめスターアライアンス便での海外、または国内のみでANA利用なら
優先カウンターなどの優遇があるSFCがあればプライオリティパスは必要ないですね


>>【SFC修行指南】SFC取得は必要?修行するならOKAタッチがお勧め!

海外からの帰りの空港で荷物は機内持ち込みのみで、新型コロナウイルス対策で自動カウンターも増え優遇を受けることが少ないことが多いです。

年数回の海外旅行や、費用を抑えてのLCC中心の旅行などで
搭乗前にシャワーや食事のあるラウンジで、まったり過ごすのなら
プライオリティパスは魔法のカードです。

今まで、羽田ではプライオリティパスが利用できるラウンジがありませんでしたが
今後使えることをは、プライオリティパスを持つべきかを見直すべきでは?

 

プライオリティパスで利用できるラウンジ(日本)

世界中148国、650以上の空港、1,300ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス。
では日本の空港は?
  • 成田国際空港
・第1ターミナル
IASS EXECUTIVE LOUNG
無題
ANA便で帰国したとき「ANA ARRIVAL LOUNGE」のように制限エリア外にあり到着時でも利用できます。
ただ、アルコール飲料は大人1名様あたり1杯まで無料、2杯目以降は有料になります。

>>【成田空港】ANA便で帰国時は、バス待ちで便利!ANA ARRIVAL LOUNGE

KAL BUSINESS CLASS LOUNG
無題
カード保持者1名様につき同伴者2名様まで利用可能。
利用したときは激混みでした!「ANA LOUNGE」も同じく混むことが予想できます。

>>【成田空港ターミナル1】KAL(大韓航空)ラウンジ訪問

ANA LOUNGE
無題
第5サテライトのラウンジが、4月から利用可能になります。

・第2ターミナル
IASS EXECUTIVE LOUNG
第1ターミナルの「IASS EXECUTIVE LOUNG」と同じで制限エリア外があり、到着時にも利用できます。
  • 羽田国際空港
・第3ターミナル
ANA LOUNGE
無題
搭乗口110側のラウンジが、4月から利用可能になります。
  • 中部国際空港(名古屋)
CENTRAIR GLOBAL LOUNGE
無題
KAL LOUNGE
無題
STAR ALLIANCE LOUNGE
無題
  • 関西国際空港(大阪)
BOTEJYU
無題
ラウンジ?お好み焼き屋さんの「ぼてぢゅう」です。
3,400円の割引になり、関西でお好み焼きが食べたくなったら、プライオリティパスを持って関空へ?
  • 福岡国際空港
KAL LOUNGE
無題



プライオリティパスの入手方法

プライオリティパスは、SFCと同じく年会費が必要。
法人では多いですが
一般の個人では、プライオリティパス会員ではなくプラチナカードなどのクレジットカードに付帯サービスで利用されている方が大半です。
プラチナカードは年会費が高いですよね。

楽天カードのポイント還元率改悪がありましたが
改悪の対象外の楽天プレミアムカードに、プライオリティパスが付帯しており年会費は11,000円です。
SFCゴールドより安い年会費でプライオリティパスを持つことができます

今まで対象ラウンジがなかった羽田空港でラウンジが利用できるようになったプライオリティパスは
これから注目されること間違いなし。
  • プライオリティパス入会
年会費が掛かります。
年10回利用のスタンダード・プラスは、$299です。
無題
ラウンジと言えばビジネスクラス以上のサービス。
エコノミークラス利用で、ラウンジ利用で1回3,000円は高く感じますよね。

 
  • 楽天プレミアムカード
年会費11,000円で年無制限のプライオリティパスが付帯する楽天プレミアムカード。
SFCと同額の年会費でプライオリティパスが持てます。


特に羽田発着のLCC利用での海外旅行好きな方。
楽天の特典もあり、旅行保険の付帯のことから旅好きの方にはお勧めのクレジットカードになります。



>>【旅のクレジットカード】旅行傷害保険から考えたお勧めカード

SFCにとって改悪?

5月3日から、ラウンジの同伴者は同日同搭乗便に変更されます。
それに加えて、プライオリティパスで「ANA LOUNGE」利用で
サービスの一部の変更、利用者の増加で改悪です

ただ、「サービスでコストが掛かる」と「サービスで収入を得る」の両面で考えると
コロナ禍で厳しい航空業者としては正しい判断では?


>>【スターアライアンス】2021年5月ラウンジアクセスポリシー(ラウンジ利用条件)変更!

SFCは年会費を払い続けば永久的で、年々SFCは増えていくので混むのは当たり前。
それに加えてプライオリティパスで利用できることで
コロナ禍で、ほとんど利用者がいない今は良いですが
終息後、それでも混雑していたラウンジが。。。
ファースト搭乗者、ダイヤモンサービスメンバーはスィートラウンジ利用ですが
入室制限になれば、ビジネス搭乗者優先、プラチナサービスメンバー優先で
SFCとプライオリティパスでは、どちらを優先するかです?

ANAにとっては毎年乗ってくれるプラチナサービスメンバーは優先で
次にSFCとプライオリティパスを同扱いにすると
あまりSFCと特典が変わらないプラチナ防衛隊が増えますね。
終息後、プライオリティパスでも利用でき、混雑時の優先度次第ではSFCにとっては改悪

>>【羽田空港国際線ターミナル】ANA SUITE LOUNG 搭乗ゲート110番側と114番側の比較

ただ、SFCの方が良いことがあります!
同伴者の扱いです。
プライオリティパスは、カード保持者1名につき同伴者1名まで、同伴者は有料です。
SFCなら、同伴者1名無料で国内線は今までとおりです。

国内旅行はしなくて
リックひとつで、ひとりの海外旅行なら
保安検査の混んでいる時期以外は、プライオリティパスのみでも良いかもですね。

>>【プライオリティパス】SFCと楽天プレミアムカードの比較

まとめ

ビジネスクラス搭乗者向きのサービスを受けられるSFC。
プライオリティパスへラウンジを開放することで混むことは予想されますが、品位が下がる?
タイ・スワンナプーム空港ではお気に入りのエールフランス KLM スカイラウンジを利用しますが
誰がプライオリティパス利用か判断できないです。
またシンガポール・チャンギ空港
LCC専用ターミナルですが、マレーシア・KLIA2でラウンジを利用しますが
こちらもプライオリティパス利用者から嫌なイメージを受けたことはありません。
(正直、誰がプライオリティパスで利用しているかは分かりません)

東京・羽田国際空港の第3ターミナル(旧国際線ターミナル)は、LCCの発着もあることで
混むことは予想できますね。
SFCの改悪より、LCC中心でプライオリティパス所有者にとっては朗報!

ANA上級会員もPPの下駄やPP2倍キャンペーンで増え
海外旅行に行けるようなっても、直ぐに黒字転換できる訳ではなく
当面はサービスの一部変更など色々な改善はあり、落ち着くまでは数年掛かるのでは。

プライオリティパスを持つにはSFCと同じく年会費が掛かります。
海外旅行が再開された時、検討してみてください。



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
SFC修行、マイレージ関連などの他の方のブログ参照が可能です。
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ