羽田神社の隣に、牛頭天王堂がある自性院(じしょういん)があります。

自性院には旧来、羽田の総鎮守としての牛頭天皇社が祀られていましたが
飛行機型のお守りを授かれる羽田神社
明治の神仏分離令で自性院境内に祀られていた牛頭天王社は八雲神社(やぐもじんじゃ)として分離
その後、羽田神社と改名して現在に至っている。

羽田神社に参拝する方は多いと思いますが、隣にある自性院も参拝されることも、お勧めします。


自性院

大鳥居駅から羽田神社へ向かう途中(神社の隣に)に立派な山門があります。
DSC_1953
自性院(じしょういん)は真言宗智山派の寺院。
平安時代末期、慈性(1159年)によって開山された。
その後、恵麻(1559年)によって中興した。
かつては境内に牛頭天王社を祀っていたが、明治時代の神仏分離政策により、「八雲神社」(現在は羽田神社)として分離独立した。
DSC_1954
大田区指定有形文化財の牛頭天王堂は江戸時代末期の1861年に大森の弁天神社(三輪厳島神社)の社殿として建造され、昭和4年に移築。

外陣(旧拝殿)は入母屋造り銅板葺、向拝に軒唐破風を付け、その下に弁財天の彫刻が施され、各軒廻りに斗供をもつ。内陣(旧本殿)は切妻造り銅板葺。文久元年(1861)、大森の弁天神社の社殿として建てられたが、昭和4年(1929)移築され、牛頭天王堂として転用されたものである。区内でも数少ない建築年代等の明確な建物であり、江戸時代末期の精巧な建築として価値が高い。自性院には旧来、牛頭天王社が羽田の総鎮守としてまつられていたが、明治維新の神仏分離で、八雲社として独立し、さらに発展して隣接羽田神社となった。大田区教育委員会

DSC_1957
DSC_1956
他、大正13年の建造の不動堂などがあります。
DSC_1958
三橋先生之碑と弘法大師一千一百年諱供養塔。
DSC_1955

場所(アクセス)

DSC_1952
京浜急行電鉄大鳥居駅より徒歩10分。


まとめ

羽田神社と比べると参拝者が少なく静かなお寺です。
もともとは自性院であった羽田神社の参拝時、牛頭天王堂の彫刻などは見応えがあり
あわせて参拝されることを、お勧めします。

東京観光TOPへ



スポンサーリンク