ANAは2022年1月搭乗分の臨時便の発表がありました。
この臨時便のほどんどが、国際線機材利用ですが
今までのボーイング787-8(78M)ではなく、ボーイング767-300(763)、ボーイング787-10(781)での運航になり、プレミアムクラスはなく、普通席運賃でビジネスクラスやプレミアムエコノミーの席を利用できます。

1月の臨時便は、1月1日~4日になり
主要路線の札幌(千歳)、福岡、沖縄(那覇)に多く、B763やB781の国際線機材での運航です。

国際線機材で、2022年の初飛行の旅は如何でしょうか?


DSC_2942

ANA 国際線機材運航

国際線機材のボーイング787-8(78M)は、国内線で運航されており
プレミアムクラスで、ビジネスクラスの座席が利用できて人気があります。



1月の臨時便は、ボーイング787-8(78M)でなくボーイング767-300(763)、ボーイング787-10(781)での運航が多いです。

この国際線機材はプレミアムクラスの設定はなく
普通席運賃でビジネスクラスやプレミアムエコノミーの席を利用できます。
  • 羽田発沖縄行の検索結果より
1月2日、羽田から沖縄(那覇)への便を検索すると
NH便(コードシェアでなくANA運航便)で、プレミアムクラスの設定が無い便があります。
運航機材も787、763表示。

無題
  • ボーイング767-300(763)
763と表示されているのはボーイング767-300。
予約画面からシートマップが表示されますので、確認してみるとビジネスクラスがある国際線機材。
無題
  • ボーイング787-10(781)
787と表示されているにはANAの国際線の主要機材ボーイング787-10(781)になります。
無題
予約画面、こちらは787と表示のみでシートマップが確認できません。
予約を済ませ、座席指定で確認すると、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーの座席が指定できます。
無題
  • ボーイング787-8(78M)とボーイング787-10(781)の違い
ビジネスクラスのシートが違い、78Mはクレードルで、781はスタッガードになります。
無題
また、プレミアムエコノミーの席があります。
無題

2022年1月臨時便

  • 臨時便路線
・2022年1月1日から4日の臨時便路線
東京(羽田) ⇔ 札幌(千歳)
東京(羽田) ⇔ 福岡
東京(羽田) ⇔ 沖縄(那覇)
東京(羽田) ⇔ 秋田
東京(羽田) ⇔ 庄内
東京(羽田) ⇔ 鳥取
東京(羽田) ⇔ 米子
東京(羽田) ⇔ 高松
東京(羽田) ⇔ 徳島
東京(羽田) ⇔ 高知
東京(羽田) ⇔ 石垣
東京(羽田) ⇔ 宮古
東京(羽田) ⇒ 宮古
大阪(伊丹) ⇔ 高知
大阪(伊丹) ⇒ 高知
札幌(千歳) ⇔ 新潟

・ANA公式ページ
ANA公式ページで、臨時便の運航日時、ダイヤが確認できます。

  • 予約時の確認方法
臨時便の運航便名がNH14xxになります。
国材線機材のボーイング767-300(763)、ボーイング787-10(781)運航便は、機材が763、787と表示されています。

無題

まとめ

普通の旅行で、お得に利用する方法は?
ANAトラベラーズなどの自由に航空便を選べて宿と組み合わせるダイナミックパッケージがお得になります。
ANAは国内ツアータイムセールを開催中になりますので
割引クーポンの利用やキャンペーンを利用することで、お得になります。



SFC修行やステイタス防衛の初飛行を、国際線機材で海外旅行気分を味わうのも良いですね



国際線機材で、2022年の初飛行の旅は如何でしょうか?



スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
SFC修行、マイレージ関連などの他の方のブログ参照が可能です。
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ