12月9日(木)より、B787-9国内線新仕様機(375席)が国内線に就航します。

初就航便は、ANA477便予定。(15:25羽田発、18:20那覇着)

プレミアムクラスは10席増席し、28席となり
全席にパーソナルモニター付きの最新モデルのシートを装備した国内線新仕様ボーイング787-9(78G)になります。

国内線新仕様ボーイング787-9就航!

  • 対象機材
国内線ボーイング787-9型機 (375席仕様。プレミアムクラス28席、普通席347席)
無題
  • 導入時期
2021年12月9日(木)より。初便は ANA477便予定。(15:25羽田発、18:20那覇着)
※78Gと表示
無題
  • プレミアムクラスのシートについて
・2019年秋より国内線ボーイング777-200型機のSafran Seats US社製のシートを採用。
・国際線ファーストクラスシートのイメージを引き継ぎ、国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどをより高級感・重厚感のあるデザイン。
・現状18席から国内線機最大の28席へ大幅増席。
無題
その他
・国内線最大15.6インチの最新薄型パーソナルモニター
・国内線最大の座席幅56センチ(アームレスト内側のくぼみ部含む)
・安心感や隣席とのプライバシーを確保したシート間大型ディバイダー
・どなたでも操作が簡単に出来る電動シートコントロール
・ペットボトルなどが収納出来るようになった座席横の小物入れ
・アクセス性が改善されたPC電源・USB ポート位置
・パソコンやミールトレーを置いたまま通路へ出られる回転式大型テーブル
  • 普通席のシートについて
・2019年秋より国内線ボーイング777-200型機のシートを採用。
業界トップクラスのトヨタ紡織社がもつ自動車シートで培った人間工学に基づく技術とANA がもつ航空機シートの安全性や快適性のノウハウを詰め込んだJapan Quality を追求したシート。
・シートごとに異なる柄のファブリックを採用。
無題
その他
・国内線最大13.3インチの最新薄型パーソナルモニター
・PC電源・USB ポート装備
・身体の根幹である骨盤をしっかりと支える背もたれで、リラックスできる姿勢を保持
・どのような体格の方にも心地よく、フィットするシート形状
・テーブルやアームレストの高さ、角度、形状などを誰もが心地よいと感じる設計
・カップホルダーをクローバー型に変更し、紙コップが取り出しやすいように改善
 国内線のパーソナルモニター付き機材は、2021年度末までに計61機となる予定です。

まとめ

新しい仕様の機材はワクワクします!

空席検索の機材は78Gと表示されています。
利用路線で78Gと表示されている便があれば、この機会に搭乗してみたいですね。


スポンサーリンク

参加ブログランキング(にほんブログ村
SFC修行、マイレージ関連などの他の方のブログ参照が可能です。
にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ