バンコクには美しい仏教寺院が数多く存在しますが
美しい仏塔も魅力ありますが、境内には金閣寺の造りを模した日本人納骨堂がある
ワット・ラチャブラナ(Wat Ratchabrana)

日本字納骨堂、美しい仏塔や本堂に中国寺院もある
ワット・ラチャブラナは
パーククローン花市場の近くに位置します。

あまり観光で訪れる人が少ない
このようなタイ寺院に魅力を感じる人に
お勧めのバンコクにある寺院のひとつです。


ワット・ラチャブラナ(Wat Ratchabrana)

決して広くはありませんが
日本字納骨堂、美しい仏塔や本堂に中国寺院があります。
DSC_7327
ラタナコーシン王朝以前からあったワット・リアップが
ラーマ1世統治時代の1793年に改装され、ワット・ラチャブラナ(正式にはワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン)として王室寺院に認定。

その後、ラーマ2世の統治時代には本堂が建てられ
ラーマ3世の統治時代には大きな仏塔が建てられて
第二次世界大戦では大きな被害を受け1960年代に、現在の姿に修復されました。

白壁に金色で装飾された美しい本堂。
本堂のまわりは駐車スペースになっており
観光客を集めるより、バンコクの人に愛されることを意識している寺院かな。
DSC_0225
中には美しい仏像がありますが
訪問時、閉まっており中に入れませんでしたが
装飾された屋根を見てるだけでも十分。
DSC_0224
DSC_0222
奥に金閣寺の造りを模した日本人納骨堂がありました。
金色に輝く金閣寺を想像していましたが
金閣寺と言われば金閣寺の形。

1985年以降タイで亡くなられた500人以上の日本人の霊が安置され
高野山から来た僧が管理されています。
DSC_0226
仏塔の横に、何故か?小さな中国寺院。
DSC_7336
緑色した美しい仏塔。
DSC_7330
ここの仏塔は塔の下まで登ることができ
本堂が眺められます。
DSC_7334

場所(アクセス)

MRTサナームチャイ駅から徒歩約10分で
パーククローン花市場の近くにあります。

>【バンコク観光】道路ひとつ隔て風情が変わるヨートピマン・リバーウォークとパーククローン市場



まとめ

バンコク三大寺院のワット・ポーやチャイナタウンからも
少し遠いですが、歩いても行ける場所です。

ただ、ワット・ラチャブラナに行った時に
観光客にあったことはありません。

個々のスケールは小さいですが
見応えは十分にあり魅力あるバンコクの寺院です。
パーククローン花市場などの観光時に
少し足を延ばしてみませんか?



スポンサーリンク