東南アジア修行先として
シンガポール(SIN)、マレーシア(KUL)、オーストラリア(MEL)を選び
弾丸旅行や修行の旅を楽しむ方が多いと思います。
メルボルン(MEL)は行った事がないので、知見になりますが
シンガポールとマレーシアについて、纏めてみました。

プレミアムポイント

格安エコノミー料金での獲得PP数の比較です。

・HND→SIN
2484PP

・HND→KUL
 2503PP

運航便

羽田拠点での深夜便で対決

・NH843(HND→SIN)
8月はNH885にもプレミアムエコノミー付きの機材でしたが
今の機材は。。。
以外と深夜便の場合、プレミアムエコノミーの空席があり
個人的には、NH843の方が良いですが。。。SINに着くのが少し早すぎ?

・NH885(HND→KUL)
NH843は0時20分発ですが、NH885は23時30分発のため
往復の滞在日数分の1日が稼げるので、羽田拠点の修行ではBESTの時間で
マレーシア1泊して翌日のお昼に帰る事ができますよね。
(ただ帰りのシンガポール発では、深夜便があるので五分五分?)
こちらも早朝着!
今年の修行で、KUL経由→SINを多く利用しましたが。。。
乗換は面倒ですが、朝から活動にはちょうど良い時間にシンガポールに着きます。 

空港

制限エリアでの過ごし方?

・SIN
観光立国だけあり、免税店、フードコート、その他観光等、充実しています。
トランジット向きのフリーツアーがあるのを知っていますか?
利用した事はありませんが、タッチ(日帰り)の際は、お勧めかもです。
DSC_0339
喫煙所は座って吸うことは可能で、フードコートは充実しており
制限エリア内にも観光スポットがあり、こちらもSINの勝ち!?
先日見つけたのですが、バタフライガーデン内は色々の蝶を観察できます。
DSC_0277
DSC_0278

・KUL
シンガポールほどではないですが、免税店、飲食店もあるので半日程度過ごすのは
苦ではありません。もちろん、喫煙所はあります。
早朝について、ぶらぶらしてベンチで寝ている人や喫煙所でまわりを見ると
東南アジアのふいん気はこちらの方がありますよね。
サテライトターミナルは、植物園のようなジャングルを囲う形になっていますが
滝の前に入口を見つけましたが、一般には解放されていません。

市街地への移動

言葉?できるだけバス、タクシーではなく電車移動が安心できる私です。

・SIN
MRTに乗れば、どこにも行け。。。便利に利用しています。

・KUL
LTM、KTM、LRT等、電車の移動で十分便利ですが
クアラルンプールから、中心街のKLセントラルの運賃が高い!
ちなみに、窓口と自動販売機で買うのでは料金が違いますが
マレーシアの自動販売機ですが、紙幣の認識が。。。
日本の自動販売機の比べると紙幣の認識しなくて、大変でした。
(まわりの自動販売機をいくつか回る事も覚悟?)
バスは半額になりますが、約1時間に移動になります。
車窓は、シンガポールと違いタダのジャングル?内を走る等もあり
東南アジアらしい景色が楽しめます。

両国とも観光地は綺麗で、チャイナタウンをはじめ、インド、アラブ等々の街、寺院があり
どちらでもと。。。
両国とも暑いので、ブラブラすると熱中症になるので気を付けましょう!
でも、マレーシアではイスラム教徒の国だけあって女性の姿等より
異国の地に来たことを感じます。

喫煙事情

愛煙方については死活問題!
両国とも街には灰皿があり、東京等のように灰皿を探す苦労はないです。
が、マレーシアは(昔の名残?)灰皿があっても吸わないように!
初めて訪れた時、KLセントラルのバス停で灰皿を見つけたのですが。。。
お巡りさんがおじさんに、日本の交通違反の切符のような物を渡しており
灰皿には数本の吸い殻もあり、鞄から煙草を出すと
お巡りさんから喫煙の罰金が書かれているチラシをもらい、ダメだよと説明を受けました。
日本では、煙草に火をつけるのをまって罰金徴収が多いと思いますが
煙草を出したら、「Do you speak English?」と声を掛けてくれ、注意してくれるお国柄が好きです。
(日本でも昔は、雷オヤジがいましたけどね)
  • 煙草 
シンガポールは持ち込みの1本毎に課税対象!
お土産用の煙草は、制限エリアの免税煙草については
シンガポールは、活字ですけど。。。マレーシアで販売されているのは
皆さんもご存知の写真入りの物です。
お土産用とも思った事もありますが、あのパッケージを見て吸うのは
周りの人も引くような気がして現地購入分のみで、未だに国内には持ち帰っていません。

物価

ホテルは、なんと言ってもマレーシアの勝ちですよね。
国内では3万以上の高級ホテルは、日本円1万5千円程度で泊まれ
少しリッチ(死語?)の気分になれます。
シンガポールもチャイナタウンやゲイラン等で1万程度で良い所があります。
もちろん高級ホテルではなく、日本で言うビジネスホテルのような部屋で綺麗です。
夜中は歩きませんが、23時頃、セブンイレブンでの買い物やカジノ帰り
特に怖いような事はありませんでした。
食事は食べる所しだいと思いますが、普通にフードコートや空港内では
同じほどでは?????
  • 缶コーヒー
DSC_0003[1]
必ず飲む缶コーヒー(NESCAFÉの250ml缶)を比較してみると
 SIN:2S$ (約160円)   ※やはり、物価はシンガポール!!!
 KUL:5RM (約135円)

カジノ

マレーシアもあるとの事ですが、バスでの移動になり行った事がないです。
カジノ好きの私にとって、マカオ等のカジノでは喫煙所が設けられていますが
シンガポールはフロアー毎で、喫煙しながらゲームが楽しめる所が気に入っています。

お土産

定番の紅茶に、チョコレートは両空港共に問題なし?
タイガーバームは、クアラルンプールでは見つけられませんでした。
ただ、両国ともに、チョコレートを2個(同じもので味違い)をレジに持ち込むと
「2個の場合は2個の料金、3個の場合は2個の料金になるからもう一つ選べ!」と
説明を受けますが。。。
弾丸旅行で鞄に入る事を前提に選んだ事もあり、1度断った時は
変な日本人のような感じでの対応でした。
(キーホルダーを買う時も同じ説明ありでした)
  • お土産(煙草)
お土産は、チョコレートに自分で吸う煙草を。
DSC_1131
しっかりと煙草は写真入りです。
シンガポール(写真右側)で購入した煙草と比較して
やはり、写真入りの煙草は慣れていないこともあり引いちゃいますよね。
DSC_1133
まぁ~マレーシアやバンコクは、1カートン持ち込み可能ですので
普通は日本の免税店で購入して、帰国までに10箱吸わずに
お土産にすることは無いと思いますが。。。
シンガポールは持ち込み時、1本から課税されるので
お土産に買う方も多いので、活字のみなのかなぁ?
もちろん、空港の外で普通に販売されているのは写真入りです!

お土産として配れば。。。初めは珍しいので良かったのですが
数回目は、日本では少しエグイ感じがして、引いて行きますよね。

昔はお土産でしたが、今は自分の嗜好品としての購入が多いので
もし喫煙者ではなく、お土産に煙草を頼まれた時は、普通のパッケージは
日本の入国審査前等の免税店で、普通に日本の煙草を購入されることをお勧めします。

国々によってパッケージが違いますので、注意してくださいね。

まとめ

正直、両国とも好きです!
ただ、本当に空港内で過ごして、即帰国するのなら
シンガポールの方が、空港内で数時間過ごしても飽きないです。

将来の夢?修行では無いですが老後はマレーシアに住み
月1程度でシンガポールに遊びに行くような生活って
如何でしょうか?



にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ