SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行中心でANAの上級会員を継続!
ダイヤ継続10年、ハーフミリオン達成の経験から
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

マレーシア旅行

マレーシア入国管理局は2023年12月1日以降と発表がありましたが延期で2024年1月からマレーシアに入国する全ての外国人を対象としてマレーシア・デジタル・アライバルカード(MDAC:Malaysia Digital Arrival Card)の登録が義務化。陸路・空路・海路問わず、マレーシア到着3
『2024年1月からマレーシアはMDAC義務化!自動化ゲート利用可能!』の画像

今回のKUL(クアラルンプール)へのNH885便は予約が遅かったこともありいつもは前方の座席が予約できたが今回は、残念ながら後方の座席に。3-3-3列の座席。台湾、中国以外の国際線は、基本は通路側が好き。ただ、中央3席の通路側がよく窓側の通路側は、隣2席の方がトイレ等で
『NH885便搭乗記 エコノミーの後方座席で気付いたことは?』の画像

マレーシア・クアラルンプール観光の定番と言えばマスジッド・ジャメ、ムルデカ・スクエア、国立モスク、チャイナタウンなどでその中心にある、お土産探しで必ず立ち寄るセントラルマーケット(Central Market)。色々な雑貨のお店があり、ブラブラしても楽しいセントラルマ
『【クアラルンプール観光】セントラルマーケット内のフードコートはローカル感たっぷりで格安!』の画像

マレーシアの空の玄関口は、クアラルンプール国際空港(KLIA)。KLIAとKLIA2と分かれておりJALやANAなどのFSC(フルサービスキャリア)の発着はKLIA。KLIAは、広さは成田空港の約10倍のアジア最大級の空港。SFC修行で何度も訪れている広大な空港の過ごし方を纏めてみました。
『クアラルンプール国際空港(KLIA)での過ごし方』の画像

5つ星ホテルでも宿泊費用が安いマレーシア・クアラルンプールですが、マスジッド・ジャメのライトアップを見るため、徒歩圏のチャイナタウンにある格安のホテルに宿泊。宿泊したのは中華系の「THE 5 ELEMENTS HOTEL(ザ 5 エレメンツ ホテル)」でプールなし、ジムなしでお値
『【クアラルンプール観光】THE 5 ELEMENTS HOTEL 宿泊記』の画像

マレーシア・クアラルンプール訪問時、KLCCから宿泊先のインターコンチネンタル クアラ ルンプールへ歩く途中(アンパン通沿い)に、中国寺院があります。何度も通っていますが、門が開いている事が少なく、今回は門が開いておりこじんまりしていますが初めて中に入ると、金
『【クアラルンプール観光】金に輝く仏像は見応えがあり!法界観音聖寺』の画像

マレーシア・クアラルンプール国際空港から先ずはバスか電車でKLセントラルへ移動する方が多いと思います。クアラルンプール観光においても、KLセントラルを拠点になりますが食事に困ったことはありませんか?KLセントラル駅直結のNu Sentral shopping Center(ヌーセントラ
『KLセントラルで食事に困ったら?Nu Sentral shopping Centerがお勧め!』の画像

マレーシア・クアラルンプール国際空港は「マレーシア航空などのFSC(フルサービスキャリア)発着のKLIA」と「エアアジア拠点のLCC(ローコストキャリア)発着のKLI2」に分かれます。名前のとおりKLIA2の方が新しくて買物から食事まで楽しめるショッピングモール(gatway@kli
『クアラルンプール国際空港 空港で過ごすのならKLIA2への移動がお勧め!』の画像

マレーシア・クアラルンプールから帰国便(NH866便)、アップグレードポイントを利用してビジネスクラスへアップグレードできました。クアラルンプールは何度も、マイル修行(ダイヤモンドサービスメンバー継続)で往復しておりクレードルシートや深夜便の利用が多いですが今
『【NH886ビジネスクラス】CA(エアチャイナ)のビジネスクラスと比較!クアラルンプール~羽田搭乗記』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ