SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行でANAの上級会員を継続!
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

タイ旅行

微笑みの国(タイ)が好きでタイのバンコク等を舞台にした邦画でタイを満喫してみませんか?タイへの旅行気分が味わえる邦画を紹介します!お勧め7選+α(3選)に、これから見たい邦画その他(洋画)について紹介しています。
『微笑みの国(タイ)を舞台にした日本映画 お勧め10選!』の画像

タイ国政府観光庁主催の「タイランド・スペシャリスト検定 2021」が開催!観光業従事者向けですが、一般の方でも受験可能でただ、成績上位5名のタイへの特典旅行招待は観光業従事者、メディア関係者のみが対象。タイ国の観光に関するオンラインの学習教材で学びオンラインで
『お家時間でタイを勉強!「タイランド・スペシャリスト検定2021」開催!』の画像

ワット・プラケオなどのバンコク三大寺院観光時に国立博物館へ行く方は多いと思います。博物館から徒歩でサムヨート(Sam Yot)駅などのMRTの駅に戻る時、少し寄り道をしてみませんか?ガイドブックに載っていないメートーラニー像のあるピポップリーラー交差点、静かなロー
『【バンコク観光】国立博物館の帰りに寄り道!「ピポップリーラー交差点」+「ワット・ブラナシリマート ヤーラーム」へ』の画像

何度訪れても、バンコク観光ではブラブラして新しい寺院が発見でき楽しいですよね。今回は、ワット・スタットの巨大ブランコを眺められる所と思いブラブラすると人の出入りが多い(もちろんワット・スタットより多い)白い教会風の寺院が見えて、訪れることにしました。寺院
『【バンコク観光】巨大ブランコの前に白い教会風の建物が!デヴァサタン(バラモン寺院)』の画像

MRT延伸で身近になったのでワット・サケット(黄金の丘)へ。始めは黄金の山?ラマ3世がアユタヤのワット・プー・カオートーン(黄金の山)を真似て仏塔の建設がはじまりラマ5世の時代に、高さ80m程のプーカオトーン(黄金の丘)が完成しました。乾季の11月に黄金の丘を登りまし
『【バンコク観光】バンコクが一望できる空中散歩!ワット・サケット』の画像

タイ・バンコクの玄関口であるスワンナプーム空港は広大で、制限エリア内に数多くのラウンジがあります。SFC取得後、ANA便(スターアライアンス航空会社)利用時にラウンジのインビテーションを貰えますが、数が多くて何処に行けばよいか迷います。それに加えてプライオリテ
『スワンナプーム空港 ANA指定+プライオリティパス利用のラウンジ6選』の画像

タイ旅行時のお土産?コロナ禍、大切に食べていた海外のカップ麺など保存していましたが最後に残された、賞味期限が切れる前インスタントのジョークをべました。ジョークとはジョーク(โจ๊ก)はタイ料理のお粥です。タイ料理のお粥ですが、お粥には2種類あります。日本の
『(お家でタイ料理)インスタントのジョーク(お粥)を美味しくいただきました!===手軽にタイ料理(インスタント)を家で楽しむ方法は?===』の画像

バンコク訪問時、必ず1食は、ここで食べる場所があります。それは、バンコクの中心街にあるアソーク駅直結のターミナル21(Terminal21)内にあるフードコートのピア21(PIER21)です。理由は、どちらと言えば観光客向けでなくタイ人向けの値段でターミナル21内ですので、室内
『【バンコク観光】ピア21(PIER21) アソーク駅直結のローカルフードが楽しめるフードコート!』の画像

バンコク観光での定番のバンコク三大寺院のうちワット・アルン(暁の寺)は陸の孤島でした。今までは、チャオプラヤー川をボートで渡るのが普通でしたがMRTが延びて電車(陸路)でも行けるようになりました。定番の船路で行く方法も良いですが新しい陸路で行く方法は、最寄り駅
『【バンコク観光】ワット・アルン(暁の寺) への行き方 ---インスタ映えのMRTイサラパープ駅からの行き方と船路を比較してみました---』の画像

ワット・アルンに船路で行く時に利用するサトーン船着場乗換のBTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅を降りた時にホームから見える白い壁は気になりませんか?その建物は、海南人で建てらてた中国寺院の昭應廟です!商売繫盛のご利益があるとの事です。場所(行き方)BTSサ
『【バンコク観光】海南人で建てられた商売繫盛の中国寺院!昭應廟』の画像

タイのルーツを、様々な角度から見て・聞いて・触って・知る!がテーマのサイアム博物館に行って来ました。バンコクの観光と言えば、歴史ある美しい寺院ですがこの博物館は、近代がテーマですので、一味違った雰囲気でのバンコクの名所です。場所(行き方)MRTサナームチャイ
『【バンコク観光】サイアム博物館 ワット・ポーの隣にある楽しい博物館!』の画像

深夜羽田をたちバンコク・スワンナプーム空港に早朝着。まだ朝の6時ですが、空港内をプラプラしていると急にプーパッポンカリーが食べたくなりました!プーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)が好きな方は多いのでは?プーパッポンカリーとは?タイ語で、プー(カ
『【スワンナプーム空港】朝食でプーパッポンカリー(ปูผัดผงกะหรี่)をะหรี่)」を!』の画像

BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅からの徒歩圏でラタナコーシン時代初期に、白いお城のような仏殿が建てられたワット・スワンプルー(Wat Suan Phlu)。ローカルな寺院でガイドブックに載っていませんがシャングリラホテルなどのホテルが多い地区なので散策時に、白く
『【バンコク観光】白く美しい装飾の仏殿!ワット・スアンプルー』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ