SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行でANAの上級会員を継続!
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

SFC修行記・旅行記

安里八幡宮(あさとはちまんぐう)は、1466年(明成化2年)に第一尚氏第七代尚徳王によって創建されたと言われ、琉球八社の中でも最も古い神社。1944年(昭和19年)沖縄戦で社殿は焼失。戦後27年間は米軍統治下においては教会敷地で1963年(昭和38年)に仮殿が復興。この歴史に
『琉球八社の中で最も古い神社!安里八幡宮』の画像

東京から大阪、金沢(小松)、秋田は気軽に週末に行ける旅行先で人気があり航空会社と新幹線との価格競争。新幹線がライバル路線は、本数も多く日帰りも可能で料金も新幹線と変わらない!新幹線も魅力ある車両が導入されていますが飛行機好きは空港往復などもありますが飛行
『【ANA】新幹線のライバル路線!直近予約で往復30,000円以下路線は?』の画像

JGCやSFC修行の方は何度も訪れる沖縄・那覇空港。修行をしている猛者は羽田ー那覇を1日2往復するなど、那覇空港滞在は短時間で沖縄往復(通称、OKAタッチ)しますが、那覇空港内の短時間で食事を楽しめるお食事処は?那覇空港は、空港内で沖縄郷土料理が安くて美味しい食事処
『【那覇空港】修行者御用達の短時間でも楽しめる食事処は?お得なクーポンあり!』の画像

那覇空港の国際線ターミナルに沖縄家庭料理がリーズナブルな価格で楽しめるケンミン食堂があります。那覇空港でリーズナブルな価格で沖縄家庭料理が楽しめる空港食堂が有名ですがケンミン食堂も同じく、空港内で安くて旨い!沖縄家庭料理が食べられるお店です。ケンミン食堂
『【那覇空港】沖縄家庭料理が安くて旨い!ケンミン食堂』の画像

ゆいレールの牧志駅から徒歩10分の所に、観光客を引き付ける歴史を感じる遺跡の石門があります。石門だけでも神秘的な佇ずまいですが石門をくぐると、大きな1本のガジュマルの木がまた神秘的で近くに宿泊した時は、必ず寄る場所です。ガジュマルの木は「幸せを呼び込む木」と
『【那覇観光】石門をくぐると神秘的なガジュマルの木が!旧崇元寺石門』の画像

おみこし江戸勧進相撲発祥の地で、横綱力士碑や大関力士碑が建立している富岡八幡宮。相撲ファンの参拝だけではなく境内には、富岡八幡宮よりも古く、関東大震災や東京大空襲時弁天池に避難した人々の命を救った七渡神社は都内屈指のパワースポットとして人気があります。東
『相撲にゆかりの地、都内屈指のパワースポット!富岡八幡宮』の画像

1603年から1867年まで十五代の将軍で続いた徳川幕府。二代秀忠公、六代家宣公、七代家継公、九代家重公、十二代家慶公、十四代家茂公の6人の将軍が眠る徳川家霊廟。東京タワーの隣にある増上寺(ぞうじょうじ)は、アクセスもよく都内のパワースポットとして国内外からの観光
『千躰子育地蔵尊が圧巻!東京タワーの隣にある徳川家ゆかりの増上寺』の画像

1877(明治10)年、エドワード・S・モース博士が大森貝塚を発見。日本で初めて学術的な発掘調査が行われ「日本考古学発祥の地」として古代史好きには有名な大森貝塚遺跡庭園。国指定史跡ですが、公園(庭園)の中央には「縄文の広場」「地層の回廊」が子供達の遊び場になって
『日本考古学発祥の地!大森貝塚遺跡庭園』の画像

タイ国際航空は、成田、中部、関西発のバンコク往復エコノミークラス運賃が空港使用料・燃料サーチャージの諸経費込みで56,070円から販売!搭乗期間は、GW、夏休みを含めた2022年10月30日までFebulous Week(素敵な週)は2月14日まで。タイは、2月1日からワクチン接種済みの旅
『【タイ国際航空】Febulous Week(素敵な週)プロモーション!成田~バンコク往復56070円から!』の画像

バンコクの路地裏にあるタイ屋台の雰囲気が味わえるタイ料理のタイ屋台999(カオカオカオ)。タイ屋台999は、都内には新宿、新橋、日比谷、二子玉、大阪の梅田に店舗がありタイをはじめ東南アジア好きにとっては一度は行きたい場所。コロナ禍、海外旅行に行けなくなり約2年。
『都内でタイ気分!タイ屋台の999(カオ カオ カオ)へ行ってみた!』の画像

2022年元旦、大晦日に福岡に1泊して福岡から羽田へNH1076便で戻ります。普通席をアップグレードポイントを利用してプレミアムクラスへアップグレード。アップグレードにして正解!食事がお節料理でした!コロナ前、年末年始は海外で過ごすことが多く初めての元旦の国内線で、
『2022年飛行初めはプレミアムクラスでお節料理!NH1076搭乗記』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ