SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行中心でANAの上級会員を継続!
ダイヤ継続10年、ハーフミリオン達成の経験から
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

東京観光

外国人の人気の街、秋葉原。今回、JR秋葉原駅から徒歩5分ほどの京急EXイン 秋葉原に宿泊しました。都内のホテルはインバウンド需要で値上がりしていますがアパホテルと同じでどの京急EXインでも、部屋は綺麗で立地が良いので納得いく宿泊代だったので宿泊しました。部屋清潔
『京急EXイン 秋葉原 宿泊記』の画像

キャンペーンの2024年3月11日から3月31日まで期間中都内の対象店舗において、対象のQRコード決済を行うと後日、決済額の最大10%のポイントが還元される暮らしを応援!TOKYO元気キャンペーン。ちょくちょくとランチなどで利用していましたが3月23日(土)早期終了!の告知が
『最大10%をポイント還元!TOKYO元気キャンペーンは3月23日早期終了!』の画像

東京都内での宿泊。移動では、東京駅や品川駅が便利ですが観光・ビジネス・移動と考えると中心の位置にある、お茶の水駅周辺に宿泊する人が多いのでは。今回、JRお茶の水駅から徒歩10分ほどのアパホテル 御茶ノ水駅北に宿泊しました。部屋アパホテルのシングル。何度もアパホ
『アパホテル 御茶ノ水駅北 宿泊記』の画像

約1300年前の天平2年(730年)に建立された江戸総鎮守の神田明神。縁結び、商売繁盛、健康祈願、勝運(勝負運)のご利益があり都内のアクセスも良い事で人気がある神社のひとつです。歴史のある神社ですが、「IT情報安全守護」などの仕事に関連したユニークなお守りを授かる事
『【東京観光】歴史ある神社でITのお守りを授かる!神田明神』の画像

JR新大久保駅の隣(新宿区百人町)にある皆中(かいちゅう)は「みなあたる」とも読むことから当選・的中のご利益があるとされている皆中稲荷神社。新大久保は、アジア圏からの移民が多く集まる場所。人気の韓国コスメや韓国料理ストリートとは駅を挟んで逆の方向で異国情緒溢
『皆中稲荷神社と異国情緒の路地への旅』の画像

羽田空港へ行くために、モノレール浜松町駅に近いチサンホテル 浜松町に宿泊しました。モノレール、JRが真横を走っており部屋から、走っている鉄道を見下ろことができる少し変わった眺めでした。朝食は、しっかりと食べられてリーズナブルな価格で新幹線(品川駅、東京駅)羽
『チサンホテル 浜松町 宿泊記』の画像

豊川稲荷東京別院の一角にある融通稲荷尊天は黄色い袋に入った融通銭を頂く(お借りする)ことができそれを財布の中に入れておくとお金に困ることがなく開運招福や金銀財宝の融通が叶えられるとされています。ただ、豊川稲荷は融通金だけではありません。神社?愛知県に本山
『融通金で金運アップ!豊川稲荷東京別院へ』の画像

おみこし江戸勧進相撲発祥の地で、横綱力士碑や大関力士碑が建立している富岡八幡宮。相撲ファンの参拝だけではなく境内には、富岡八幡宮よりも古く、関東大震災や東京大空襲時弁天池に避難した人々の命を救った七渡神社は都内屈指のパワースポットとして人気があります。東
『相撲にゆかりの地、都内屈指のパワースポット!富岡八幡宮』の画像

1603年から1867年まで十五代の将軍で続いた徳川幕府。二代秀忠公、六代家宣公、七代家継公、九代家重公、十二代家慶公、十四代家茂公の6人の将軍が眠る徳川家霊廟。東京タワーの隣にある増上寺(ぞうじょうじ)は、アクセスもよく都内のパワースポットとして国内外からの観光
『千躰子育地蔵尊が圧巻!東京タワーの隣にある徳川家ゆかりの増上寺』の画像

1877(明治10)年、エドワード・S・モース博士が大森貝塚を発見。日本で初めて学術的な発掘調査が行われ「日本考古学発祥の地」として古代史好きには有名な大森貝塚遺跡庭園。国指定史跡ですが、公園(庭園)の中央には「縄文の広場」「地層の回廊」が子供達の遊び場になって
『日本考古学発祥の地!大森貝塚遺跡庭園』の画像

桜田通りに面したオフィスビル虎ノ門琴平タワーは入口が鳥居?高層ビルと融合した珍しい光景に驚き!江戸時代、讃岐国丸亀藩主であった京極氏が、藩邸内(芝・三田)に、故郷の神として祀ったのが起源の虎ノ門金刀比羅宮(とらのもんことひらぐう)。金運、縁結び・縁切りのご
『オフィスビルに鳥居が!虎ノ門金刀比羅宮』の画像

都会の真ん中(東京都文京区)に鎮座している境内末社の太田神社で貧乏神を祀っている牛天神北野神社。貧乏神?祀られているのは、黒闇天女(くろやみてんにょ)で「人に憑いている貧乏神を追い払い、福を招き入れてくれる」福の神として人々から信仰を集めています。また、
『福の神になった貧乏神!北野神社』の画像

羽田神社の隣に、牛頭天王堂がある自性院(じしょういん)があります。自性院には旧来、羽田の総鎮守としての牛頭天皇社が祀られていましたが飛行機型のお守りを授かれる羽田神社は明治の神仏分離令で自性院境内に祀られていた牛頭天王社は八雲神社(やぐもじんじゃ)として
『(東京・羽田)牛頭天王堂のある自性院』の画像

羽田の氏神様として信仰されていることから、航空安全、旅行安全の御利益があると言われる羽田神社。空港からも近く、飛行機型のお守りなどもあり航空ファンに愛されている神社。文久元年(1861年)に天然痘が蔓延し徳川家定が牛頭天王社(現羽田神社)に病気平癒祈願に参詣
『飛行機型のお守りを授かれる羽田神社』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ