SFC修行、ときどき観光

飛行機に乗るだけのSFC修行ではなく、 できる限り現地に宿泊して観光を楽しむ
国内、東南アジアへの弾丸旅行中心でANAの上級会員を継続!
ダイヤ継続10年、ハーフミリオン達成の経験から
陸マイラー活動も含めた旅のブログです。
あわせて、旅に関連した役に立つ情報も発信します。

SFC修行、ときどき観光 イメージ画像

スポンサーリンク

沖縄観光

本殿の下に全長280メートルの琉球古神道が祀られた普天満宮洞穴がある琉球八社のひとつの普天間宮。沖縄は、神社は少ない。神が祀られているお祈りの場は岩穴や海岸、山など自然環境に関連した御嶽で行われていたことで県内には神社は14社のみ。普天間宮は、宜野湾市にある唯
『境内に神秘的な洞穴!琉球八社・普天間宮』の画像

大戦の戦禍による被害は小さく沖縄県内のグスクの中でも最も原型を留めている世界遺産の中城城跡。沖縄本島東海岸にあり空港や那覇市街地より遠くにありレンタカーが必要?古い紹介記事を見ると最寄りのバス停から徒歩30分!高低差160mあり暑い南国歩くには辛く諦めた方は多
『那覇からバスで行く!城壁が美しい世界遺産の中城城跡』の画像

国際通りに面して宿泊費が安いことでホテルニューおきなわに宿泊しました。ゆいレール県庁前駅より徒歩5分国際通り沿いにあるとの事で向かいましたが注意しないと通り過ごしてしまい?普通の雑居ビルの入口と変わらない感じでGoogleMapで確認すると行き過ぎて戻る事になりま
『ホテルニューおきなわ 宿泊記』の画像

ユネスコ世界遺産に登録されている琉球王国の中で最も格の高い聖地である斎場御嶽(せーふぁうたき)。地図で斎場御嶽の位置を確認すると沖縄本島南部の南城市の知念半島。レンタカーが必要?那覇空港から、ゆいレールで那覇バスターミナルへ行きバスでも行くことができます
『那覇空港からバスで琉球王国の聖地!斎場御嶽へ』の画像

羽田から那覇まで約3時間の飛行時間。出発の日から、沖縄を少しでも楽しむのなら早朝便!ANAの場合・6時20分発NH461便(那覇9時10分着)・6時35分発NH933便(那覇9時25分着)・6時45分発NH2421便(那覇9時49分着)と羽田6時に出発する便が3便あります。飛行機の場合、出発前2
『沖縄を楽しむには朝が早い!羽田6時35分発 NH933便搭乗記』の画像

JGCやSFC修行の方は何度も訪れる沖縄・那覇空港。マイレージ修行をしている猛者は羽田ー那覇を1日2往復するなど那覇空港滞在は短時間で沖縄往復(通称、OKAタッチ)しますが那覇空港内の短時間で食事を楽しめるお食事処は?那覇空港は、空港内で沖縄郷土料理が安くて美味しい
『【那覇空港】修行僧御用達の短時間でも楽しめる食事処は?お得なクーポンあり!』の画像

沖縄の那覇での宿泊。お気に入りの宿のひとつの、ロコイン松山。ゆいレールの県庁前駅から徒歩10分ほどで付近に、ステーキ屋さんが3店舗(YAGYU、ステーキハウス88Jr.、やっぱりステーキ)国際通りにも徒歩圏で、立地が良いのがお気に入りの点です。目次部屋朝食場所(アクセ
『ロコイン松山 宿泊記』の画像

天久宮(あめくぐう)は太平洋戦争で焼失後、泊ユイヤギ御嶽の上に再建され3階建ての珍しい神社。1階にある鳥居から地下1階に降り天久宮さらに降りた地下2階に、泊ユイヤギ御嶽と三日月ウカー。こじんまりした3階構造で魅力がぎっしり詰まている不思議な琉球八社のひとつ。ゆ
『三階建ての構成?泊ユイヤギ御嶽の上に建つ琉球八社・天久宮』の画像

那覇の宿泊先で少し贅沢に全室バルコニー付に魅かれて那覇ビーチサイドホテルに宿泊しました。全室バルコニー付なら部屋でのんびり過ごしたいところ那覇には夜に着き、翌朝も早く海側の部屋ではなく、街側の部屋を予約。時間があれば、サンセットが楽しむために海側が良いで
『那覇ビーチサイドホテル 宿泊記』の画像

那覇の宿泊先をリーズナブルな価格で探していると、ヨーロッパ建築の外観がオシャレなことに魅かれてGRGホテル那覇東町に宿泊しました。実際にホテルに着くとオシャレな外観ロビーの作りも良く、ワクワクしながらチェックインしました。部屋はリーズナブルな価格のことも
『GRGホテル那覇東町 宿泊記』の画像

那覇港北側に倭寇や海賊等から那覇港を守るために築かれた砲台の三重グスク。16世紀後半に。那覇港を防衛し、倭寇や海藩を撃退するための台場(砲台)として王農大親によって築かれたグスクは、那覇観光の穴場?葛飾北斎が「琉球八景」として浮世絵に描かれた三重城の面影は
『那覇港・空港の眺めが良い!三重グスク』の画像

旧崇元寺石門の隣にある老舗ホテルの沖縄サンプラザホテルに宿泊しました。ゆいレールの牧志駅から徒歩10分ほどで那覇市街のお気に入りの旧崇元寺石門の隣にあり>【那覇観光】石門をくぐると神秘的なガジュマルの木が!旧崇元寺石門駅から逆方面になりますが国際通りへも徒
『沖縄サンプラザホテル 宿泊記』の画像

今回の那覇での宿泊は無料の充実した健康朝食は、どこのスーパーホテルでも美味しく宿泊代もビジネスホテルだけに高くもないことでスーパーホテル那覇・新都心に宿泊。場所は、おもろまち駅から徒歩5分。駅に近く、コンビニも近くにあり寝るだけでは良い場所。ただ夕飯を一人
『スーパーホテル那覇・新都心 宿泊記』の画像

豊見城グスクは1400年頃に汪英紫の三男で、のちの南山王となる汪応祖(おうおうそ)が豊見城集落北東の丘陵上、標高約54mの場所に築かれたグスク。豊見城城址公園は、2009年(平成15)年11月に休園。豊見城市は『豊見城城址公園及びその周辺部については、都市圏に残された貴
『復元は?豊見城グスクに行って来ました!』の画像

那覇を訪れた際に、歴史の舞台を感じる場所に足を運びました。それは、旧海軍司令部壕と呼ばれる地下施設です。ここは第二次世界大戦中に使用されていた海軍司令部の壕であり戦争の痕跡が今も残る貴重な遺跡です。その迫力ある壮大な空間と、当時の雰囲気を再現する展示物に
『戦争の痕跡を訪ねて―旧海軍司令部壕 訪問記』の画像

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ